電子ミラーと前後記録可能ドラレコが夢のコラボ −PIXYDA【最新ドラレコ ガチ診断D】

電子ミラーと前後記録可能ドラレコが夢のコラボ −PIXYDA【最新ドラレコ ガチ診断D】

電子ミラーと前後記録可能ドラレコが夢のコラボ −PIXYDA【最新ドラレコ ガチ診断D】の画像

「あおり運転」や「幅寄せ」など高速道路、一般道を問わずに発生し、毎月のように報道されている交通トラブル。それを報じる際に登場するのが “ドライブレコーダー(ドラレコ)” の映像だ。当事者にしかわからないようなトラブルであれば、状況証拠としても有効だし、事故を起こしたときにも役立つのがドラレコ。

最新モデルを集めて、カーグッズプレス編集部が実走行でチェックしたので、ぜひその実力を確認してもらいたい。今回はPIXYDAの最新ドラレコだ。

【最新ドラレコ ガチ診断】
@…フロントガラスの映り込みを軽減
Aとにかくコンパクト
B…リアカメラが可動
C…赤外線LEDで夜間の車内撮影にも対応
D…電子ミラーとドラレコが合体
Eジャパンアベニュー…超高画質なのにお手頃価格
Fカロッツェリア…カメラ追加で前後同時録画が可能に

■電子ミラー+前後記録可能なドラレコが夢のコラボ!
PIXYDA
「スマートレコーディングミラー?PDR770SM」(実勢価格:2万9000円前後)

カー用品でおなじみのセイワが展開するPIXYDAの最新モデル。前後撮影できる高機能ドライブレコーダーと電子ミラーが同時に手に入る。

【SPEC DATE】
●液晶サイズ:9.8インチインチ
●microSD:16GB付属
●フレームレート:(前)27.5fps(後)25.0fps
●画角:(前)水平115度、垂直60.5度(後)水平120度、垂直65度
●駐車時記録:◯(※別売りオプションが必要)
●GPS:◯
●画像補正:なし

【総合評価】
画質:★★★★
画角:★★★★
操作性:★★★★★
設置性:★★★★★
多機能性:★★★★

 
【Check!】
[昼]フロント

[昼]リヤ

フロントはクラストップレベルの鮮明さだが、カメラ位置が動かせないために不要なものが映りやすい。

[夜]フロント

[夜]リヤ

昼の映像と同様にフロントは抜群に高画質で発色もいい。リヤの画像も必要十分な画質を保てている。
【Point】
1. 普段は電子ミラーとして活躍。違和感がなく、とても見やすい。純正ミラーよりも表示はワイドだ。

2. 設定操作時は全面アイコンが並ぶ。使い勝手がとてもよく、操作レスポンスも良好だ。

3. 切り替えスイッチで通常ミラーにもなる。夜、後方からの眩しさを低減する240mmブルー鏡を採用

 
■死角のない映像を表示する電子ミラー
ルームミラー型の本体にリヤカメラを付属した2カメラ型。鏡面は、電源オフでは通常のミラーのようだが、電源が入るとリヤカメラの映像(純正ミラーの約1.5〜1.8倍のワイド視野)を全面に映し出す電子ミラーに。

フロント用のカメラは吊り下がるような形で設置できるため、純正ミラーとの干渉もない。装着した姿は市販のワイドミラーと同様。リヤカメラはカーナビ用バックカメラのような形状で、リヤウインドウの内側にもナンバープレートガーニッシュ付近にも取り付け可能だ。

本体カメラは200万画素でフルHD画質、リヤカメラは120万画素でQVGA画質による記録が行える。GPS(付属)やGセンサーによって、位置情報や車両の挙動なども記録できる。鏡面はタッチパネル機能を搭載しており、設定操作はとてもしやすい。電子ミラーとして利用する場合も、画質は十分で見やすい。

 

>>?最新ドラレコ ガチ診断
本記事の内容はCarGoodsPress88号56ページに掲載されています
 

[関連記事]
フロントガラスの映り込みを軽減する −ケンウッド【最新ドラレコ ガチ診断@】

コンパクトだけど高画質&超広角対応 −hp【最新ドラレコ ガチ診断A】

リアカメラが可動する前後2カメラ仕様 −ユピテル【最新ドラレコ ガチ診断B】

(レポート/浜先秀影 撮影/澤田和久)