とっさに録音するならペン型ボイスレコーダーが便利です

とっさに録音するならペン型ボイスレコーダーが便利です

とっさに録音するならペン型ボイスレコーダーが便利ですの画像

会議や商談など、重要な会話を音声で記録できるボイスレコーダー。内容をヌケモレなく残せるのはいいけれど、「いかにも録音してます」というのは周囲に不快な印象を与えることもあるし、時には録音していることを相手に知らせたくないこともありますよね。

相手を身構えさせずリラックスしながら話したい、小さなサイズでいつでもどこでも持ち歩きたい、そんな人におすすめなのがベセトジャパンの「多機能ペン型ボイスレコーダー VR-P009」(16GBモデル・1万8800円)。

ボールペンタイプの超小型ボディに、専用機と遜色ない機能を搭載した、高性能レコーダーです。

ペン型やUSBタイプなどこれまで様々なボイスレコーダーを手がけてきたベセトジャパン。最新モデル「VR-P009」最大の特徴は、なんといってもボイスレコーダーとして妥協のない、多彩な機能と性能にあります。

まず音質面では、非圧縮データ形式である “リニアPCM” に対応、高品質のサウンドでその場の臨場感までしっかりキャッチ。加えて不要なノイズをカットする「低域ノイズフィルター」や、マイク感度を自動で調整し最適なボリュームで取り込む「ALC(自動感度調整)機能」で、とっさの判断で記録したい時でも、面倒な操作なしに美し位音声で録音できるようになっています。

操作はトップ部分のジョグボタンで行ないますが、動作状況は本体搭載の小型ELディスプレイで目で見て確認できるようになっています。たとえ電源が切れている状態からでも、ボタンひとつで即録音をスタートできるのも便利です。

記録したデータはUSB経由でPCに保存したり、イヤホンやスピーカーに出力することもできますが、本体内蔵のスピーカーを使えば録ったその場で聞くことも可能。さらに外部入力にも対応しているので、例えば通話録音用イヤホン型マイク(別売)を使うことで、電話での通話内容も記録できるようになっています。

再生速度を変えてもトーンが変わらないから、重要な内容も逃さずチェック。仕事上、打ち合わせやインタビューが多い人はもちろん、防犯や語学学習など幅広い用途で活躍できそうです。

>> ベセトジャパン「ペン型ボイスレコーダーVR-P009」

 

[関連記事]
スマホの通話記録はBluetoothでスマートに録音しちゃおう

自分仕様に育っていくAIボイスメモって何が便利なの?

書き込みは1回のみ!消去も上書きも不可にできる警察仕様ボイレコ

(文/&GP編集部)