1962年のオリジナル版を活かしたラドーの新キャプテンクック

1962年のオリジナル版を活かしたラドーの新キャプテンクック

1962年のオリジナル版を活かしたラドーの新キャプテンクックの画像

革新的なデザインと素材使いで、耐久性に優れた腕時計を次々と生み出してきたスイス生まれのブランド・ラドー。このラドーが60年代に手がけた名作ダイバーズウォッチが、現代的なカラーと仕様で生まれ変わりました。

「Rado Captain Cook Automatic(ラドー キャプテン クック オートマティック)」(22万6800円)、この6月より発売です。

今回登場した「Rado Captain Cook Automatic」最新モデルは全6タイプ。視認性を重視した大きなインデックス、剣と矢の形をした針など、あくまでもオリジナル(1962年)に忠実なデザインながら、素材やカラーの変化で、これまでにない新鮮な表情を生み出しています。

まず目を惹くのは、この豊富なカラーバリエーション。オリジナルではブラックのダイアルとベゼルが採用されていたのに対して、今回のモデルでは「Integralシリーズ」(1986年)で採用されたグロッシーブラック、「Trueコレクション」(2016年)で採用されたグリーン、ブルー、ブラウンのセラミックスベゼルと、豊富なカラーが顔を揃えます。ベルト部分もクラシックなブラウンスウェードのストラップに加え、7連ステンレススチールのベルトをラインナップ。

風防にはオリジナルのアクリルガラスに代わり、「Diastar1」(1962年発表)で初めて採用された耐傷性の高いサファイアクリスタルを使用。実用性能と美しさの両方を叶えます。

ファンにはおなじみ、自動巻き時計を意味する“アンカー(錨)”のシンボルには、60年代を思い起こさせるルビーバックグラウンドを取り入れて、オリジナルから変わらないクオリティの高さと正確さを表現しています。

ムーブメントにはスイス製C07ハイクオリティムーブメントを採用、最大80時間のパワーリザーブ機能で現代を生きるビジネスマンをサポート。クラシックなルックスに現代的な機能とモード感をプラスした、新しいキャプテンクックです。

>> ラドー

 

[関連記事]
シンプルな力強さを持つ時計が表現するコルビュジエの世界
伝統を受け継ぎ現代風にアレンジしたドイツ製機械式ダイバーズ

海洋汚染に立ち向かうブライトリングの名作ダイバーズ限定モデル

(文/&GP編集部)