アレクサや音楽配信サービス対応!リッチな音環境を部屋に作れます

アレクサや音楽配信サービス対応!リッチな音環境を部屋に作れます

アレクサや音楽配信サービス対応!リッチな音環境を部屋に作れますの画像

ゲームや動画、もちろん音楽においても、ハイクオリティなサウンドを楽しむためには、性能の良いスピーカーが欠かせませんよね。ヤマハから発売される最新スピーカーは、高音質のサウンドを表現するだけでなく、音声コントロールや音楽配信サービスにも対応したハイスペックを備えています。

7月上旬の発売開始が予定されている「ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-109」(価格:オープン)はサウンドバータイプのスピーカーです。音声コントロール用マイクが内蔵されており、スピーカー本体に話しかけることで音量調節や曲の再生/停止などの基本操作が行えます。

さらにAmazon Alexa、Amazon Music、Spotifyにそれぞれ対応しており、Alexaの機能はもちろんのこと、音楽配信サービスを介した選曲&再生が可能です(各サービスともアプリのインストール及びアカウントの登録が必要)。

スリムなデザインの本体には、低・中・高域再生用に7.5cmサブウーファー、5.5cmフルレンジ、2.5cmツイーターをそれぞれ2基ずつ搭載し、実用最大出力は合計で120w(非同時駆動)のパワーアンプを内蔵。

バーチャルサラウンド技術「DTS Virtual:X」による3Dサラウンドモードが、前方・左右・後方・高さ方向の音までバーチャルで再現し、ワンボディ仕様でありながら立体的なサウンドを生み出します。

さらに映画やスポーツなど、コンテンツにマッチした3D音場を形成する計5種類のサラウンドプログラムや、セリフや実況アナウンスなど?“人の声” を聴きやすくする「クリアボイス」、不足しがちな低音を増強する「バスエクステンション」、外部サブウーファーを追加できる接続端子など、サウンドに関する仕様は充実しています。

各機器との接続はHDMIケーブルや光デジタルケーブルによる有線と、無線LAN経由によるWi-Fi接続やBluetooth 4.2(受信のみ)にも対応。専用アプリ・Sound Bar Controllerをスマホ等のモバイル端末にインストールすることで、さまざまな操作を画面上でスマートに行えます。

外寸は左右890mm×奥行131mm×高さ53mmで、スタンドが低いテレビやモニターの下部に設置しても画面を遮りません。重さは約3.4kgで、付属の取付用キットを用いることで壁掛け設置も可能。

内部センサーが最適な音質に切り替えるため、壁掛け時でも通常の横置き設置と同様のサラウンドを楽しめます。操作ボタンはタッチセンサー式で、チャイルドロック機能も備えているので誤操作も防止できます。

両サイド半円形にしたラウンドフォルムに加え、ファブリック素材を使用することで洗練されたデザインと質感を実現。テレビ周りやインテリア空間にも美しく調和します。本体カラーはブラックのみです。

サウンド環境が劇的に向上し、音声コントロールによるスマートライフも楽しめる高機能スピーカー。自宅で過ごすプライベートタイムがゴージャスなものになりそうですね。

>> ヤマハ「YAS-109 フロントサラウンドシステム」

 

[関連記事]
見た目はアンプ?アプリで音響調整可能になったMarshallのBluetoothスピーカー

サイドテーブルがスピーカーに!こんな家具、部屋にほしかった!

こだわって選んだと言えるスピーカーこそ部屋に置きたくなる

(文/&GP編集部)