最新チップ搭載で13時間連続再生が可能でU5000円のワイヤレスイヤホン

最新チップ搭載で13時間連続再生が可能でU5000円のワイヤレスイヤホン

最新チップ搭載で13時間連続再生が可能でU5000円のワイヤレスイヤホンの画像

種類が多いからこそなにかと悩ましいイヤホン選び。音質、バッテリー、価格など気になるスペックはいろいろとありますが、最新チップと高音質コーデックに、連続13時間再生の長寿命バッテリーを搭載。さらにはイコライザー機能も盛り込みつつ、5000円以下の価格を実現というハイコスパなワイヤレスイヤホンが登場しましたよ。

サンバレージャパンの展開するオーディオブランド・TaoTronics (タオトロニクス)の新製品「TaoTronics TT-BH072」(4599円)。ネックバンド付きのスポーツタイプのワイヤレスイヤホンで、イヤホン部分はマグネットでくっつけておけるので、ワークアウトの合間など、バッグやポケットを使えない場面でも持ち運びに困りません。

IPX5の防水性能も搭載でちょっとの汗や雨で濡れちゃっても心配なし。バッテリー性能は最大で13時間連続再生という長寿命。電池切れを気にすることなく楽しめます。
Bluetoothは最新の5.0に対応。クアルコム社の最新チップ “QCC3034” を搭載し、コーデックにはSBC、AACの他、より高音質のaptX、さらにそれ以上の音質を誇るaptX HDにも対応。aptXは映像とのタイムラグも少ないため、長寿命バッテリーと合わせて、映画や動画をたくさん視聴するシーンでもオススメです。

また、イコライザー機能も搭載しており、バランスの良い再生のNormal(ノーマル)の他、低音を強調するBass(ベース)、低音を抑え高音のクリアさがアップするTreble(トレブル)の3つのモードをお好みで選択可能。

Bassは臨場感を盛り上げる映画鑑賞などに、Trebleは女性ボーカルなどに最適。このイコライザーの切り替えはボリューム+とマルチファンクションボタンの同時押しでいつでもできるので、わざわざアプリを立ち上げたりする必要はありませんよ。

購入時には、収納ポーチと充電用ケーブルの他、付け替え用のイヤーチップとイヤーウィングがS・M・Lサイズで同梱。

こういった高性能・便利機能を盛り込みながら、5000円以下というハイコスパな価格を実現しています。

>> TaoTronics?

 

[関連記事]
とうとうここまできた!aptX HD対応ワイヤレスイヤホンが約5000円!
透き通るようなサウンドを奏でるドイツ産ワイヤレスイヤホン

ランニングやワークアウト向けのワイヤレスイヤホンで運動を楽しく!

(文/&GP編集部)