防刃がいい?防水がいい?容量拡張できるスリングバッグ

防刃がいい?防水がいい?容量拡張できるスリングバッグ

防刃がいい?防水がいい?容量拡張できるスリングバッグの画像

昨日とまったく同じように過ごす日がないように、バッグの中身だって毎日同じではいられません。でも、荷物が増減するたびにバッグを変えるのは非効率ですよね。

クラウドファンディング・GREEN FUNDINGにて先行予約販売中のスリングバッグ「DaySling(デイスリング)2.0」は、マチを調節することで容量を拡張できる優れ物。

しかも面白いのが、外装の素材を “耐摩耗・防刃性” に優れたものと、“究極の防水性” に優れたものの2種類から選べる点。あなたならどっちを選ぶ?

「DaySling」は、日常使いはもちろん、旅行やアウトドアにも活躍するワンショルダーバッグ。外装を耐摩耗・防刃性に優れた「Pro」(1万3360円〜 6月29日現在)、究極の防水性に優れた「Explorer」(1万1520円〜 6月29日現在)の2タイプから選ぶことができます。

「PRO」は、裁断にレーザーカットが必要なほど頑丈な超高分子量ポリエチレンと、ナイロン・リップストップの混紡素材を使用。耐摩耗・防刃性に優れ、旅行先や屋外での活動中も貴重品をしっかりと守ります。

また高密度かつ立体的な仕上げで、撥水加工も施されており、汚れや水をはじき長期にわたって新品同様の状態に保ちます。

「Explorer」は、完全防水素材を使用しており、激しい雨の日や、うっかり川にバッグを落としてしまった時なども、持ち物が濡れないよう保護します。

2タイプとも、マグネット式バックルでマチを調整することで容量を6リットルから13リットルまで拡張でき、またリバーシブルの角度調節ストラップでさまざまな方法で着用できるので、その日の活動予定に応じて、ひとつのバッグで多様なスタイルで使用することが可能です。

また「DaySling」はEXOレイヤー、COREレイヤー、PROレイヤー、STEALTHレイヤーの4つのレイヤーで構成されています。一番外側に設けられたEXOレイヤーには、携帯傘や水筒、着替え用のTシャツなど大きめのものが収納できます。

バッグの主要部分であるCOREレイヤーには複数のポケットが設けられており、持ち物の整理がしやすく取り出しやすいので、ゴチャつきがちなカメラや財布、筆記具やガジェット類などの収納に最適。

PROレイヤーには最大10インチのタブレットを収納でき、ファスナー付きのポケットにはパスポートなどの貴重品をしまうことができます。またCOREレイヤーとつながる充電用ホールが設けられているので、COREレイヤー側に収納したモバイルバッテリーでPROレイヤー側に収納したタブレットを充電する、なんてことも可能です。

背中側のSTEALTHレイヤーにはファスナーもボタンもなく、マグネット式クロージャーで音を立てずに片手でサッと開閉することができるので、定期入れや、頻繁に出し入れするスマホなどの収納に便利です。

なおカラーは「DaySling 2.0 PRO」がグレー、「DaySling 2.0 EXPLORER」がブラック。6月24日の販売開始以降、すでに目標金額を達成し、SOLD OUTのコースも出ている模様。気になる人は早めのチェックをオススメします!

>> GREEN FUNDING「DaySling 2.0」

 

[関連記事]
飛行機のシートベルトパーツとエアバッグで作られたANAのアップサイクルバッグ
爽やかなカラーで夏を先取り!Manhattan Portageの新作コレクション

環境に優しい廃タイヤのリユースバッグがアウトドアにぴったり!

(文/&GP編集部)