薄くてソーラーでスマホ連携!カシオ「エディフィス」新モデルは高コスパ!

薄くてソーラーでスマホ連携!カシオ「エディフィス」新モデルは高コスパ!

薄くてソーラーでスマホ連携!カシオ「エディフィス」新モデルは高コスパ!の画像

時計は、レーシングクロノグラフが好みで、充実した機能もマスト。さらに、ゴツすぎずスタイリッシュなデザインがいい…。そんな欲張りな時計ファンのために登場したのが、カシオ「エディフィス」のスマートフォンリンクモデル新作「EQB-1000YD」です。

タフソーラーやスマートフォンリンク機能などを搭載しながらも、ケース厚8.9mmという薄さを実現。デザインもスタイリッシュでコスパ抜群な一本です。

新作「EQB-1000YD」最大の特徴は、そのスリムさ。タフソーラーやスマートフォンリンク機能などを搭載しながらも、0.01mm単位まで薄型化にこだわり、ケース厚8.9mmに。

モジュールの各パーツを薄型化し、従来は基板の表裏に配置していた部品を片面のみに実装するなどの工夫によって、カシオ従来のスマートフォンリンク機能搭載機「EQB-800」より4.1mmも薄いケースを実現したのだそう。

見た目がスマートなのはもちろん、シャツのすそにも引っかからずストレスを感じさせないので、プライベートからビジネスシーンまで幅広く使えそうです。また、ソーラーセル(太陽電池)部分が大きい “いかにも” なソーラー時計ではなく、遮光分散型ソーラーパネルのセルを、3つのインダイアル部のみと最小限に配置し、文字板にはメタル素材を採用することで、デザイン性も両立。文字盤とベゼルにはヘアライン仕上げを施して、上質感を漂わせています。

新たな機能として6時位置に搭載された「ラストラップインジケーター」にも注目。ラップタイムを計測し、前回のタイムとの差を-5から+1秒の範囲で表示できるので、ランニング時のモチベーションを上げてくれます。

また、2都市のワールドタイムを同時に表示できるので、ワールドワイドに活躍する忙しいビジネスマンにぴったり。

スマートフォンとリンクしたアプリで、「正確な時刻に自動修正」「300都市以上のワールドタイムを設定」、「時計で計測したラップタイムを1/1000秒単位で表示」など、前作の機能も踏襲しています。

このデザインと機能性で、4万5000円(税別)と価格が手ごろなのも魅力。8月8日より発売です。

>> CASIO「EDIFICE」

 

[関連記事]
パッキンなしで300m防水!世界唯一の新技術を搭載した機械式スイス時計

夏のオシャレにワンポイント入れるならポップな腕時計で!

日本製ムーブメントと無垢天然木が織りなす“和”の腕時計

(文/&GP編集部)