Wジップだからこそ実現したアイデア構造のミニ財布

Wジップだからこそ実現したアイデア構造のミニ財布

Wジップだからこそ実現したアイデア構造のミニ財布の画像

出かけるときはバッグを持たずにとにかく身軽に! という方も多いのではないでしょうか。財布をズボンの後ろポケットに入れれば手ブラで出かけられますが、分厚い財布だと収まりが悪かったり、膨らみが気になったりしますよね…。

ズボンのポケットに入れるのにピッタリな薄さと、収納力を兼ね備えた夢のような財布が登場しましたよ!

SYRINXの「《単》短財布2 」(1万900円〜7/9現在)はズボンの後ろポケットに入れやすい薄さと、収納性を両立させたミニ財布。

薄さの秘密は“単(ひとえ)構造”。カードとコインを重ねずに横に分散することで紙幣10枚、コイン20枚、カードを10枚収納しても財布の厚さはたったの20mmなのだとか。

Wジップ構造になっており、コインを使いたいときはコインだけ、カードを使いたいときはカードだけそれぞれ取り出しやすくなっているのもポイントです。

直線と円弧で構成されたファスナーは特注。ポケットにひっかかりにくく、スライダーに余計な力も加わらないため耐久性にも優れています。横からみると先端ほど厚くなっており、これはつまみやすさにこだわった結果とのこと。

カラーはCammello、Fragola、Piombo、Lattuga、Agave、Neroの6色。原材料にはイタリア・テンペスティー社のエルバマットを採用。北欧産の成牛のベンズ(胴)を樹木のタンニンでなめし、じっくりとオイルを染み込ませた革だから、オイルケアが不要です。

7月9日現在、クラウドファンディング・Makuakeにて、1個1万900円から支援受付中です。

>>Makuake「《単》短財布2 」

 

[関連記事]
普段使いにも良さそうな旅財布はレザーの高級感がいいね!
1000年を超える伝統技法によって誕生したブライドルレザーウォレット
カードとお札だけかと思いきや、小銭も入れられるミニ財布

(文/&GP編集部)