クラシカルな“ムーンフェイズ付き腕時計”に似合う服装の選び方

クラシカルな“ムーンフェイズ付き腕時計”に似合う服装の選び方

クラシカルな“ムーンフェイズ付き腕時計”に似合う服装の選び方の画像

国内クラウドファンディングサイトで時計部門の歴代一位を記録し、“リーズナブルな高級時計”を標榜する気鋭のブランド、カル・レイモン。月の満ち欠けを示すムーンフェイズ機構を有し、クラシカルなデザインが秀逸な腕時計ですが、このたび「Classic Pioneer Gold White」を入手しました。

しかし普段スーツを着ないため、はっきり言って服装とのマッチングがよくわからない…(涙)。というわけで、ここはプロにお願いするべく、スタイリストの方に相談してみました。

結論から言うと、服装の色合わせや小物使いって本当に大事。大変勉強になったので、その組み合わせ方をご紹介します。

■腕時計をベースに服を選ぶときの考え方は「素材や色使い」

<プロフィール>
スタイリスト・宇田川雄一(うだがわ・ゆういち)/大学を卒業後、2008年アシスタントを経てフリーになる。Web、雑誌、広告、PV、ショートフィルム等で活動

ーーさて、宇田川さんよろしくお願い致します。この腕時計ですが、「クラシックへの回帰」をテーマにしたブランドで、ゴールドモデルに一目惚れしちゃったんです。でも普段、クラシカルな格好をすることもなくてですね…。

宇田川:最近はミニマルデザインのモデルが増えているので、珍しいですよね。確かに、服の合わせ方に悩むのもわかります。でも、ポイントを押さえるだけで逆にオシャレな着こなしアイテムとして活躍してくれると思いますよ。今回は「スーツ」「ジャケパン」「カジュアル」の3セットを考えてみました。

ーーおお!頼もしい。個人的にファッションは苦手でして(笑)。レクチャーいただけると助かります。ではさっそく、「ジャケパン」スタイルからお願いします。ラフ感を残しつつ、仕事やレストランみたいな場所にも行ける格好が知りたいです。
▼クラシカルかつ現代のトレンドをミックスしたエレガントなスタイル

ランバン コレクションのジャケット/10万8000円、スラックス/4万3200円(ジョイックスコーポレーション??03-5213-2510)、オーラリーのシャツ/3万240円、フィルメランジェのTシャツ/1万2960円、ジャランスリヴァヤのローファー/3万4560円、ホワイトハウスコックスのベルト/1万8360円(バーニッシュ??03-3468-0152)、BJ クラシックのメガネ/3万2400円(オプティカルテーラークレイドル青山店??03-6418-0577)
■「ジャケパンスタイル」ポイント解説

宇田川:全体的にフレンチを意識した“エスプリ感”のあるスタイルです。時計に合わせてクラシカルな雰囲気を出すため、ズボンはタック入りのテーパードワイドパンツ。さらにローファーと金縁のメガネで、より時計が持つクラシック感を引き立てています。

シャツは明るめでストライプを入れることにより、今っぽさも取り入れています。以前は無地が全盛でしたたけど、少しレトロでクラシカルなシャツをカジュアルに取り入れるのが、最近のスタイルです。

足元はローファーに、少しリラックスした白いソックスを。最近は裸足などで色気を押すスタイルより、丈が長めで “ちゃんとしている感”を出す格好がおすすめです。

ーーすごく大人っぽくて清潔感があります。金縁メガネが似合うかがポイントですね(笑)。はっきり言って自信ないけど。

宇田川:確かにハードルは高く思うかもしれませんが、思い切って身に着けてみると、意外に馴染むものですよ。オシャレは楽しむのがコツです!

ーーなるほど! では次に「カジュアル」スタイルをお願いします。
▼定番のアメトラに合わせると大人度がアップ

セプティズのシャツ/1万800円、バーンストーマーのチノパン/1万5984円、スマザーズアンドブランソンのキャップ/6912円、バロンズハンターのベルト/6912円、スプリングコートのスニーカー/1万800円、ベントレークラバッツのネクタイ/9180円(セプディズ??03-5481-8651)、エフェクターのメガネ/3万1320円(オプティカルテーラークレイドル青山店?03-6418-0577)
■「カジュアルスタイル」ポイント解説

宇田川:オーソドックスなアメトラ(アメリカントラッド)ですね。ネイビー系のシャツにチノパンと白スニーカーを組み合わせています。ポイントは、デニムのネクタイを締めてドレスアップしているところ。

大人っぽく、カジュアル過ぎないように見せられるし、キャップやメガネをプラスすることで、小奇麗さや清潔感も演出できます。

チノパンもタックなしで、比較的細めのシルエット。シャツはズボンにインして、リボンベルトをあえて見せたいところ。

ーー普段、似たような格好をしていますが…ネクタイと小物のおかげで、全然オシャレ度が違う(衝撃)。でもキャップは本当に似合わないんですけど。

宇田川:マストではないので安心してください(笑)。ただ、ちょっといい小物を入れてあげると品が出るので、そういうところで大人らしさをアピールしましょう。

ーーノーキャップでもいいんだ! 安心しました。では最後に「スーツ」スタイルですね。

▼スーツは品格を上げるための素材や色使いにテクニックあり

ランバン コレクションのスーツ/24万8400円、シャツ/1万9440円、ネクタイ/1万9440円、ベルト/2万1600円(ジョイックスコーポレーション??03-5213-2510)、アレンエドモンズのシューズ/7万4250円(トレーディングポスト青山本店??03-5474-8725)
■「スーツスタイル」ポイント解説

宇田川:今回は、流行りのブリトラ(ブリティッシュトラッド)でセットアップを考えました。少し薄めにチェックの入った柄がポイントです。この柄がクラシック感を醸し出してくれます。

そして、スーツで一番大事なのは「統一感」です。素材、色を揃えることで、高級感が生まれます。

つまり時計が茶のレザーベルトなので、ネクタイ・ベルト(腰)・靴も同系色でまとめればいいということです。靴はストレートチップで、メダリオンという飾りがあってクラシカルかつデザインの遊びがあります。

ーーフォーマルなのに、遊び心あるスーツスタイルですね。すごく品がある…。

宇田川:統一感があると、スーツは一気に品が出るんです。小物の身に着け方が大事ですね。

ーーとても勉強になりました。これで「時計負け」しないように、毎日の格好の参考にします。

>> カル・レイモン「Classic Pioneer Gold White」

 

[関連記事]
「ティソ シースター1000」に機械式オールブラックモデルが新登場!

空・海・星をイメージした美しく、クラシカルな一本で落ちついた大人の印象に

ミニマルに落とし込んだクロノがビジネスシーンに映える!

(取材・文/&GP編集部 三宅隆 スタイリスト/宇田川雄一 写真/松山勇樹)