“焚き火あるある”な火の粉で穴開きを防ぐ難燃性素材の軽量チェア

“焚き火あるある”な火の粉で穴開きを防ぐ難燃性素材の軽量チェア

“焚き火あるある”な火の粉で穴開きを防ぐ難燃性素材の軽量チェアの画像

今やキャンプの定番となった焚火。料理をしたり暖をとったりできるのはもちろん、焚火を囲むだけでなんだか癒されるんですよね。でも、心配なのは火の粉。ウエアは対策していたものの、チェアが火の粉で穴だらけに…なんて事態になったらショックが大きすぎます。

そこで登場したのが、FIELDOOR(フィールドア)の「ポータブルチェア/ポータブルチェア ミドルバック」。難燃性のあるTC生地を採用し、撥水・防カビ加工も施されているタフかつ軽量なチェアです。

焚火上級者なら、火の粉対策として難燃性のウエアやコットン100%素材のブランケットなどを使っているかと思いますが、「服は無事でも、気が付いたらチェアが穴だらけ…」なんてこともありますよね。

そんな事態を防ぐのが、FIELDOOR(フィールドア)の「ポータブルチェア/ポータブルチェア ミドルバック」です。

素材に、ポリエステル糸65%とコットン(綿)糸35%を混紡した難燃性のあるTC生地を採用することで、火の粉による穴開きの心配はなし。また、タープやテントなどに使われる生地よりも、より厚みがあり、耐久性にも優れています。

さらにこのTC生地には、撥水加工が施されているので、急な雨にも対応。また、防カビ加工に加えて、吸湿性にも優れており、生地がダメになりにくいのもポイントです。

ハンモックのように深く包み込まれる座り心地とオシャレなデザインは、アウトドアだけでなく部屋でも使いたくなるかもしれません。

今回、もっともスタンダードなタイプの「ポータブルチェア T/C」(4980円)と、座面が高い「ポータブルチェア ミドルバック T/C」(5580円)の2タイプが登場。「ポータブルチェア T/C」は収納時のサイズは(約)幅38×奥行11×高さ13cmで重さ約1.08kg。

「ポータブルチェア ミドルバック T/C」は(約)幅50×奥行13×高さ14cmで重さ約1.28kgと、通常のキャンプチェアに比べてコンパクト&軽量なので、持ち運びもラクラクです。

フレームにはアルミ合金の中で最も強度がある超々ジュラルミンを採用し、軽量なのに「ポータブルチェア T/C」は耐荷重100kg、「ポータブルチェア ミドルバック T/C」は耐荷重150kgをクリアしています。

このチェアさえあれば焚火対策は万全! 心置きなく焚火を楽しめますね。

>> FIELDOOR「ポータブルチェア T/C」

 

[関連記事]
広くて座り心地バツグンなアウトドアチェアでリラックスタイムを
まさにアイデア!ヘリノックスのチェアに肘掛けが付いたぞ!

このディレクターズチェア、想像以上に小さく畳めるんです

(文/&GP編集部)