高さ自由!収納コンパクト!ひとつあると便利な「バンブーテーブル」

高さ自由!収納コンパクト!ひとつあると便利な「バンブーテーブル」

高さ自由!収納コンパクト!ひとつあると便利な「バンブーテーブル」の画像

キャンプ用のテーブル選びは、上級者にとっても難しいテーマ。テーブルの高さはハイスタイルなのか、ロースタイルなのか。収納方法は天板を丸めるタイプか、ふたつ折りタイプか。天板は丈夫な金属製か、軽い布製か、風合いのある木製か。

キャンプのスタイルは人それぞれなので正解はありませんが、多様なシーンとシチュエーションでテーブルを使いたいなら、アウトドアブランドのFIELDOOR(フィールドア)から新発売の「バンブーテーブル」(実勢価格:6200円前後)がイチオシです。

高さ調節無段階、インテリア性が高く丈夫な竹製の天板は、四つ折り構造でコンパクトに収納可能。これひとつあると、家でも外でもかなり使えます。

「バンブーテーブル」は、各脚の高さを46〜70cmの範囲で無段階に調節できるのが最大の特長。レジャーシートを敷いてピクニックをする時は低く、キャンプで調理や食事をする時は高くするなどシーンに合わせて、またチェアやタープなど一緒に使うアイテムに合わせて、高さを変えられます。

高さは各脚ごとに変えられるので、地面の傾斜やゴツゴツによって微調整も可能。なおそれぞれの脚の高さを揃えやすいよう、脚部フレームには目安として5cm間隔でラインが入っていて便利です。フレームは軽量でサビに強いアルミニウム合板製。

「バンブーテーブル」のもうひとつのポイントが、天板に画期的な四つ折り構造を採用していること。ふたつ折りタイプよりコンパクトに収納が可能で、組み立ても天板を広げ、天板裏に折り畳まれている脚部を起こして固定するだけと、実にシンプルかつ簡単。

また天板の素材には、繊維が強く丈夫な竹を使用しており、表面にはポリウレタン樹脂加工を施しています。表面の木目は自然で優しい風合いで、アウトドアはもちろん、室内でもすっと馴染みやすいデザイン。キャンプ以外でも、来客時の拡張テーブルとして使ったり、テラスなど使ったりという具合に活用できます。

使用時のサイズはW100×D60×H46〜70cm、折り畳み時はW100×D12×H17cm。重さは7kgで、耐荷重は50kg。これだけコンパクトなら、車のトランクに入れっぱなしにしても邪魔にならなそう。

利便性とデザイン性を兼ね備えた「バンブーテーブル」、今年のキャンプアイテムに追加してみませんか?

>> FIELDOOR「バンブーテーブル」

 

[関連記事]
荷物運び、からのテーブルに変身でキャリーカートの用途はさらに広がる

囲炉裏スタイルも作れる!キャンプテーブルは汎用性の高さも大事です

くるくる巻いて持ち運びもラクチン!キャンプに持って行くテーブルはこんなのがいい!

(文/&GP編集部)