オシャレで嵩張らないリーディンググラスなら掛けたくなるよね

オシャレで嵩張らないリーディンググラスなら掛けたくなるよね

オシャレで嵩張らないリーディンググラスなら掛けたくなるよねの画像

シニア世代以上の方にとって、リーディンググラス(老眼鏡)は日常生活に欠かせないサポートアイテムです。自分はまだ大丈夫と軽く考えている、主に30代中盤以降のアナタ。スマホの画面から目を離した直後のピント調節にタイムラグが出始めたら、それはもしかしたら老眼の前兆かもしれませんよ?

「スナップグラス+(プラス)」(4212円)は、老眼鏡が手放せないシニア世代はもちろんのこと、そろそろ必要かもと思っている世代でも気を遣うことなく装着できるリーディンググラスです。

クラシックな雰囲気のラウンドフレームにシックなグラデーション(ブラックとブラウンの2色で展開)が施されたデザインは、世界でも大きな注目を集めている気鋭のデザイナー・佐藤オオキ氏が開設した「デザインオフィスnendo」が監修。男女を問わず装着できるちょうどいいサイズ感も魅力たっぷりです。

テンプル部分の材質はポリカーボネイト、フロント部分はポリアミド製、レンズはアクリルを採用。眼鏡全体が柔らかく、また金属ネジを一切使用していない構造のため、軽量(13〜23g・度数によって異なります)でしなやかな掛け心地となっています。

畳んだ際は、テンプル部をノーズパット(鼻当て)に引っ掛けられるようになっており、付属の布製ケースに入れても収納時の厚みは最厚部分で13mm、ノーズ部は8.7mmと薄くなり、胸ポケットやカバンに入れても嵩張らないので便利。

レンズの度数は1.0、1.5、2.0、2.5、3.0、度数なし(PC用メガネ)の全6種類で、ブルーライトカット(45%以上)&UVカット(99%以上)、不快なギラつきを抑えるARコーティング処理も施されています。

“薄い・軽い・オシャレ”なリーディンググラスで、見えにくいというストレスから解放された視界良好な日々を過ごしてみてはいかが? 今回紹介したラウンドフレームの他、スクエアフレームタイプも発売中です。

>> ダイヤモンド

 

[関連記事]
えっこれ老眼鏡?「かけたくなる」と思えるのって大事だよね
『ABBEY ROAD』なメガネをかけて身も心もジョンになろう!
もうメガネ2本持ち歩く必要なし!フードを取り外せる花粉対策メガネが登場

(文/&GP編集部)