3つの食材で作れるスパイスカレーセットがお店の味でバカうまでした!

3つの食材で作れるスパイスカレーセットがお店の味でバカうまでした!

3つの食材で作れるスパイスカレーセットがお店の味でバカうまでした!の画像

ここのところカレーシーンを賑わせている“スパイスカレー”。インドカレーっぽくもあり、でも食べ方はごはんにかける日本のカレーのようで、定義はよくわからないんですが、最近スパイスカレーを標榜するお店が増えた気がします。

いろいろ調べたら、どうやら大阪発のブームらしく、夜は飲み屋の店舗を昼間だけ借りてカレーを提供する“間借りカレー”から始まった模様。

ここ1〜2年は、東京でもスパイスカレーのお店が増え、中には行列ができるところも出てきました。そして、見事にハマってしまったんです。いくつものスパイスを使った複雑な味と食欲をそそる香り、そして見た目がもう美味そう! 元々カレー好きだったのですが、これまでにない美味さに、やられちゃったというわけです。

これ、家でも作れないかなぁ。でもスパイス沼にハマると大変そうだなぁ。スパイスなんて買っても余らせちゃいそうだし…。

そんなことを考えていた今年の春。代々木公園で行われた「アウトドアデイジャパン東京」のテンマクデザインブースで見かけたのが「印度カリー子のスリムスパイス」(980円/税別)でした。

なんとなく美味しそうだと思い、ひとつ購入して自宅でさっそく調理。するとこれがまぁ美味いのなんの。簡単だし、用意する食材もたった3つ。たったの30分で作れちゃう。これ、キャンプ飯の定番であるカレーが何ランクもアップする、魔法のスパイスセットやで! と大興奮。写真を撮ることも忘れ、バクバク食べてしまいました。

それから3カ月…。

たまたま寄ったアウトドアショップ「WILD-1」で再会したんですよ「スリムスパイス」に。そりゃあもう即買いです。

 

■指示どおりやれば誰でも作れる!

カレー界の有名人、印度カリー子さん監修です。スパイスは投入する順番に小分けにされています。

裏には、必要な食材と調理手順が書かれています。なんといっても、用意する食材が少なくて済むのがうれしい。これってキャンプにぴったりだと思いませんか?

ということで用意しました。トマト缶、玉ねぎ、鶏もも肉。これだけです。

玉ねぎはスライスして、鶏もも肉はひと口大に。これにて包丁の出番は終了。いやぁ簡単。この先はフライパンを使います。

さぁここから一気にいきますよ!

まずは大さじ1のオリーブオイルと1段目のスパイスを投入。これで1分熱します。フライパンからスパイシーな香りが一気に立ち上り、キッチンがなんだかオリエンタルな雰囲気になりました。おー、気分が上がるぜ!

ぶっちゃけると何というスパイスが入っているか分かってないんですが、いいんです。印度カリー子さんの指示どおりにすれば大丈夫。

1分炒めたら、玉ねぎスライスを投入。パッケージの紙によると「こげ茶色になるまで10分炒めます」と書いてあるので、せっせと炒めると…。

うわっ焦げちゃった…。どうやら強火すぎた模様。いわゆる飴色になればいいんでしょうが、残念ながらまばらに焦げた玉ねぎの炒めものが完成しました。もう後戻りはできないので、このまま突き進みます。

ここで火を弱火にして、2段目と3段目のスパイスを投入。2段目はどうやら生姜とニンニクの粉で、3段目は挽いて粉状にしたスパイスとのこと。相変わらずスパイスは何か分かりません。おそらくターメリックが入っているだろうことぐらいは分かるんですが…。そのまま弱火で1分炒めて…。

強火にしてトマト缶と肉を投入します。トマトを潰しながら2分ほどせっせと炒めていきます。

2分経ったら、150ccの水と4段目のハーブと岩塩を入れます。水が入ったことで炒めるというより、煮るモードに突入。強火のまま沸騰させていきます。

沸騰したら、フタをして10分煮込んでいきます。

10分経った状態がこれ。トマトベースなので赤みは強いんですが、カレーっぽい。そして香りはカレーそのもの。もう美味そう!

このままでも食べられるのですが、実は辛みが一切入っていません。そこで登場するのが、最後となる5段目のチリパウダー。お皿によそったあとに上からまぶしてもいいとのことですが、全体に行き渡らせたいので、ここで投入します。

説明によると、半分で中辛とのことで、印度カリー子さんもおすすめしてくれているので、半分入れてみます。

でりゃっ!

ああっ、ちょっと入れすぎた! でもいい! 辛いカレー好きっ! ということでフライパン全体を混ぜてチリパウダーを馴染ませます。

これにて完成! かかった時間はホントに30分。ぐつぐつことことと煮込むことなくできあがりました!

 

■最後に秘密兵器をパラッと

ごはんをお皿によそって、カレーをかける。ちらほら見える挽いていない1段目のホールスパイスが気になりますが、いいんです。でも、最近流行りのスパイスカレーにより近づけたいということで、用意したのがこれ。

オレガノ! トマトに合う乾燥ハーブです。人気スパイスカレー店では、カレーの上にパラパラッとハーブっぽいモノをまぶしているところが多く、たぶんオレガノまぶせばそれっぽくなるんじゃね? と思い買っておいたものです。これをパパッとまぶすと…

おーっ! それっぽくなった!

よーし、いただきます! う、う、美味い! しっかりスパイス感がありつつ、日本のカレーのように小麦粉を使っていないので、もったり感がない。トマトの味が強そうに見えますが、スパイスと調和してカレーらしくなっています。

こんなのがキャンプで出たら、絶対喜ばれるに決まってます。

本格スパイスカレーが、3つの食材だけで、たったの30分で作れる。これは、今年のキャンプに持っていかなきゃもったいないですよ。ひとつあれば3〜4人分のスパイスカレーを作れるテンマクデザイン「スリム スパイス テンマクブレンド」は、WILD-1の店舗とオンラインショップで発売中です。

>> WILD-1

 

[関連記事]
冷凍たこ焼きがまるで「銀だこ」に!卓上の電動フライヤーで串揚げパーティーしてみた

約1.75kg!横浜・杉田のソウルフード『バーグ 杉田本店』で「スタミナカレー・特盛」を食べてきた

1.3kg超え!大久保『牛すじカレー 小さなカレー家』の「牛すじカレー」を食べてきた

(取材・文/&GP編集部 円道秀和)