夏キャンプを少しでも快適に!猛暑をしのぐ風通しのいいタープ設営術

夏キャンプを少しでも快適に!猛暑をしのぐ風通しのいいタープ設営術

夏キャンプを少しでも快適に!猛暑をしのぐ風通しのいいタープ設営術の画像

<不自由を自由にする野営スタイル>

■タープ設営時に注意したい3原則

エアコンのない(当たり前ですが)夏キャンプを少しでも快適に過ごすためには、自然の利を活用することが大切です。そして欠かせないのが、日を遮る幕(タープ)です。とはいえ、日中のんびり設営していると疲れるだけですので、できるだけ素早く張ることを心がけましょう!

そこで、夏の山キャンプを快適にするための3つの心得を紹介します。

1.日を遮る場所を選ぶ
前述したように、キャンプ地選びは非常に重要です。最も重要なのは、直射日光が当たらない場所。林間サイトで頭上に木々があり、天然のタープとなっている場所を選びましょう!

2.設営は簡単に
複雑で時間がかかる設営は、炎天下の中では体力の消耗が激しく、設営だけで汗だくになってしまいます。なので、できるだけシンプルな幕や張り方をチョイスしましょう。

3.風を味方につける
風速1mで体感温度が1℃下がるといわれています。天然の扇風機である風をうまく利用しましょう。風の通り道を考え、風通しが良い幕の張り方をすることが大切です。

■夏キャンプに適したタープ設営テクニック

上述した3原則を基本とし、実際にどのように幕を張るか。今回はタープで紹介します。使用するタープは「Aqua quest 3×3m Safari」です。

熱源に使う焚き火ですが、今回は直火ではなく、暑くなった時に焚き火を移動できるよう、軽量なピコグリルの焚き火台を使用しました。

1.ガイライン(張り綱)を張る

ガイラインの一方は高い所(2〜3m)に支点を取り、もう一方は下の2枚目の写真のように、地面から少し高さがあるところに結びます。10〜20pくらいでしょうか。

立ち木に結ぶ時には、簡単に結べてしっかり固定でき、しかも解くのも簡単な「ふた結び」。低い方は強いテンションで張れて、長さ調整が可能なトラッカーズヒッチ」で結んでいます。

2.プルージックで、輪っか状のロープをガイラインへ結ぶ

ガイラインの途中にプルージックで結んだ2つの輪っかと、正方形タープの対角の角2つについているループとを結びます。

下写真のようにガイラインに結びます。

プルージックとは登山などで使われるロープワークで、対象物に輪っかを巻きつけ、摩擦抵抗によって固定でき、緩めると結び目の位置を移動できることが特徴。キャンプでは、ポールやロープにランタン、シェラカップ、クッカーなどを吊り下げる時にも使えます。

3.残った角のループをペグダウン

ガイラインで結ばれていない角を、それぞれペグダウンすれば完成です!

設営はたったこれだけ。

この張り方は「ダイヤモンド張り」といって、私が知る中で最も設営が簡単な張り方です。今回は2本の立ち木に結びましたが、一方(低い方)は地面にペグダウンでもいいですし、高い方の木に結んだところは、ポールを使ってもいいです。

ポールとロープで設営する場合であれば、2mくらいのポール1本とペグ4本だけで設営できます。

今回は立ち木を使ったので、ポールなし、ペグは2本という、超省エネ設営です。ちなみに使ったロープワークは「ふた結び」「トラッカーズヒッチ」「プルージック」の3種類です。

ところで、どこが猛暑をしのぐ設営なの? と疑問に思う方もいると思いますし、お気づきの方もいるかも知れません。

ポイントは、お尻の部分が上がっているところです。

こうすることによって、地面に設置している部分は左右のペグダウンした角のみで、しっかりと太陽を遮りながら風通りが良くなり、なおかつ目隠しもある状態になるわけです。

お尻部分から中をのぞくと下の写真の通りです。ちなみにプルージックとタープの角を連結させるやり方の参考にもしてくださいね。

設営目安は5〜10分くらいでしょうか。

本当に簡単に設営できて、風通しが良く、当日関東の最高気温は34℃くらいでしたが、この場所(神奈川県某所)の最高気温27℃くらいでしたが、もっと涼しく感じられ、本当に快適でした。

これからもしばらく猛暑は続くかと思いますが、ちょっとした知識と簡単なアレンジで、暑い日でも快適にキャンプをしてみてはいかがでしょうか?

>> 連載

(文・写真/RYU)

「不自由は自由だ!」をモットーに、不便さの中でいかに快適に過ごせるかを考え、キャンプをしております。 経験、スタイルを問わず、少しでも参考になる情報を発信して行きたいと思います。Instsgramアカウント @ryu chikazawa #不自由は自由だ #アウトドアをこじ開けよう「初代 @sotoshiru アンバサダー」「@tobuy_official インフルエンサー」「減災支援協会サバイバルプロジェクト野塾 塾長補佐」

[関連記事]
蚊帳も兼ねるクルマ接続型のタープは夏に必要でしょ!

手順を覚えれば実は簡単!タープのたて方【初めてのキャンプA】

大勢でのんびりできる!大型タープでキャンプを快適に