ホグロフスの最新リュックは注目素材“X-Pac”で軽くて頑丈!

ホグロフスの最新リュックは注目素材“X-Pac”で軽くて頑丈!

ホグロフスの最新リュックは注目素材“X-Pac”で軽くて頑丈!の画像

毎日使うバックパック、気に入ったものはできるだけ長く愛用したいもの。容量やデザインはもちろん大事だけど、素材の品質や性能だって重要です。

スウェーデン発のアウトドアブランド「Hagl?fs(ホグロフス)」の秋冬新作バックパックは、耐久性と耐摩擦性、耐水性に優れた新素材 “VX21 Dimention Polyant X-Pac”を採用し、都市生活の中でタフに使える新しいデイパックです。

アウトドアブランドとして100年超の歴史を持つ「ホグロフス」。その伝統を支えるのは確かな技術と飽くことのない探究心です。

北欧の厳しい自然環境に対応するには、徹底したパフォーマンスの追求が必要。アウトドアシーンを一変させるような画期的なアイデアを、先進の素材を積極的に採用して、シンプルに体現する。これが同ブランドがこだわり続けてきたクラフトマンシップです。

この秋冬の最新モデル「Helios VX」(2万6000円/税別)「TIGHT VX」(2万6000円/税別)では、新素材“VX21Dimention Polyant X-Pac”を採用。ひっぱり強度に優れたポリエステルとナイロン素材のラミネート加工によって、優れた耐久性と耐摩耗性、耐水性を実現しています。

通勤などビジネス用途をイメージするなら、まず注目したいのは「Helios VX」。洗練されたシルエットと先進的な機能性をもつ25L容量のバックパックです。

内部にはパッド付きのPC収納専用スリーブを搭載。またロールトップ式ながら、メインコンパートメントには防水仕様のサイドファスナーからアクセス可能で、さらにパッド入りショルダーストラップや熱成型によるバックパネルのおかげで長時間の装着も快適です。

一方「TIGHT VX」は、発売以来四半世紀を超えるベストセラーのデザインを踏襲。アイコニックなデザインはそのままに、新素材を採用することで機能面を現代的にアップデートした新モデルです。

こちらも内部にPC収納のためのスリーブを装備。ユーザーの動きに沿うように動くため、徒歩や自転車での移動が多い人にはうれしい。重心の低い涙型のシルエットはかさばる荷物のパッキングもしやすく、オールマイティに使えそう。

どちらもX-Pacをメイン素材として使うことで、軽く丈夫、水にも摩擦にも強く、少々ラフに扱っても問題なし。また、ともするとカジュアルになりすぎるデイパックですが、ディティール部分に天然皮革をあしらうことで、印象をぐっと格上げ。通勤の相棒に使うなら、頼れるのはこんなバックパックかもしれません。

>> ホグロフス

 

[関連記事]
ナイフの切り裂きにも負けない!3つの防犯機能で荷物を守るビジネス用バックパック

もっと運ぶために背負い心地を追求したカリマーのバックパック

ガチスペックにしびれる!アークテリクスの新作バックパックに刮目せよ

(文/&GP編集部)