軍用時計の薫り漂う日本ブランドの機械式腕時計

軍用時計の薫り漂う日本ブランドの機械式腕時計

軍用時計の薫り漂う日本ブランドの機械式腕時計の画像

男らしさを上げてくれるだけでなく、実用性も高い “ミリタリーウオッチ” 。今風なアレンジが加えられたり、ファッション性を重視していたりと、さまざまな時計が登場していますが、軍用ならではの機能美やアンティーク感など、かつての “軍用時計” としての雰囲気は失われつつあるかもしれません。

腕時計専門の出版社であるシーズ・ファクトリーが設立した、オリジナルの時計ブランド・OUTLINE(アウトライン)から、1940年代の軍用時計を再現したメイドインジャパンの機械式腕時計「ミリタリー Type 1940」が登場します。

一番のこだわりは、秒針が独立して表示される“スモールセコンド(スモセコ)”の存在。日本製の自動巻きムーヴメントでは、6時位置にスモセコがあるモデルは恐らく前例がないとのこと。

1940年代の雰囲気には欠かせない6時位置のスモセコは、視認性を高めてくれるだけでなく、クラシックな見た目がさりげなく個性をアピールしてくれます。

スモセコを6時位置へするために、4時半位置に配置させたリューズは、激しい動きでも手の甲を傷つけにくいという利点も。

他にも、ドーム型のプラスチック風防や、ソリッド感のあるステップベゼル、エイジング処理された文字盤の数字など、当時の雰囲気を纏うためのこだわりが数多く詰まっています。

文字盤のデザインは12時間表示と秒表示の2種類。秒表示で「あれっ?」とお思いの方もいるかもせれませんが、本来はセンターセコンド(秒針が時分針と同じ中央軸に配置されたタイプ)で採用される秒表示のデザインも、スモセコと見た目のカッコよさを重視して、あえて採用したとのこと。スモセコへのこだわりはハンパじゃないです!

10月中旬の発売に先駆けて、現在、時計専用のクラウドファンディングサイト・WATCH Makers(ウオッチメーカーズ)にて、数量限定で先行受付中。ベルトが2種類付いた時計単体(3万4992円)以外にも、12時間表示と秒表示の文字盤デザインの異なる時計2本セット(6万2208円)や、時計にトラベルポーチが付属したセット(4万2228円)などのコースが用意されています。

>> WATCH Makers

 

[関連記事]
人類初の宇宙飛行士がまとったロシア時計、新作テーマはメテオライト!

驚異の精度「年差±1秒」を実現したシチズン最高峰モデル

スポーティー×セミスケルトンで独特の世界観を生み出すオリエントスター

(文/&GP編集部)