Nゲージよりデカい!「クモヤ145形」が16番ゲージで登場

Nゲージよりデカい!「クモヤ145形」が16番ゲージで登場

Nゲージよりデカい!「クモヤ145形」が16番ゲージで登場の画像

鉄道ファンには “模型鉄”なる、鉄道模型の収集やジオラマの制作を楽しむジャンルもありますが、そうでなくとも鉄道模型に興味を持ったことがある人は多いはず。ただ、趣味としては金銭面など、ちょっとハードルが高い気も…。

そこで鉄道模型の入門編として紹介したいのが、鉄道模型でも世界的に有名な銀座の老舗・天賞堂から今秋登場予定の、1/80スケールのプラスティック製ディスプレイモデル「T-Evolution(ティー・エボリューション)」です!

天賞堂の創業140周年、鉄道模型部門の70周年を記念して開発された「T-Evolution」は、“より手軽に、より深く”がコンセプト。低価格かつ、分解がしやすいよう作られているので、初心者にはもってこいのモデルとなっています。

また、別売りの走行化パーツキットや同時発売の「コアレス パワートラック」でカスタマイズすれば、ただのディスプレイとしてだけではなく、走らせることも可能に。パーツやアクセサリーが多数用意されているので、生粋の鉄道ファンでも楽しめるはず。

サイズは1/80スケールで、レール幅16.5mmの “16番ゲージ”。模型屋などでよく見かけるNゲージに比べると倍近い大きさなので、迫力がある上に、車両がより精巧に作られています。

なお、「T-Evolution」の第1弾として登場するのは、紺のボディーに黄色のラインが映える「クモヤ145形」。100番代(国鉄タイプ、JR東日本タイプ)、200番代、1100番代、1200番代と、窓枠のHゴムのカラーやパンタグラフの有無が異なる5つのバリエーションが用意されているのは、鉄道ファンならうれしいところ。車両牽引車だけに、他の車両を連結して楽しみたいですね。

ちなみに、今秋の発売に先がけて、現在モニターを募集中(応募は8月31日まで)。自分ならではのクモヤ145形を走らせてみては!!

>> 天賞堂

 

[関連記事]
飾りたい人にピッタリ!先頭車のみのNゲージ誕生!

見よ、この造形美!キン肉マン「運命の四王子」フィギュアに胸が熱くなる

劇中アクション再現しまくり!シャア専用ザクUの可動域がすごい

(文/&GP編集部)