最大200インチで4Kも対応、手のひらサイズの小型プロジェクター

最大200インチで4Kも対応、手のひらサイズの小型プロジェクター

最大200インチで4Kも対応、手のひらサイズの小型プロジェクターの画像

一昔前までは企業や学校などが所有し、個人では限られた人しか持てないものだったプロジェクター。今では小型・低価格・高性能化が進んだおかげで、誰でも気軽に入手できるデジタルガジェットになりました。

クラウドファンディング・CAMPFIREにてプロジェクトを展開している、高機能小型プロジェクター「IMK96」も、コンパクトなボディに多彩な機能が詰め込まれた魅力的な一台です。

約1〜7mの投射距離によって、30〜200インチの大画面で動画や静止画を投影でき、Wi-Fiによる無線接続とHDMIケーブルによる有線接続のダブル対応で、スマホからゲーム機、PCに至るまで、さまざまな映像機器とのリンクやミラーリングが可能。

さらにAndroid 6.0が搭載されており、プロジェクター単体でYouTubeやDAZN、AbemaTV、Netflixなどを視聴できます(スピーカーも内蔵)。また、32GBのストレージを内蔵し、Google Play経由でアプリをダウンロードし、ゲームを楽しむことも可能です。

本体外寸は16×9.7×2.5cmの手のひらサイズで、重さは約466g。4100mAhの大容量バッテリーを内蔵し、約2時間のフル充電で最長約3時間の動画が視聴できます。

動画の解像度は「H.265 HEVC 4K・60fps」で、輝度は150ANSIルーメン(2400ルーメンに相当)。4K映像に対応し、鮮明で明るい映像を映し出します。また、台形補正が垂直±45度とワイドなので、歪んだ映像で興醒めすることもありません。

USB2.0入力ポート×2基、イーサネットポート(10/100M)、microSDカード挿入口も搭載(32GBまで対応)するなど、スマホやゲーム以外の多彩なメディアからも映像を映し出せます。

HDMIケーブル、充電用ACアダプタ、三脚、リモコン(単4電池2本使用・別売)と、付属品までも至れり尽くせりの内容です。

8月22日現在、クラウドファンディング・CAMPFIREにて1台4万8600円から支援受付中。他にも、2台セットで9万4600円のコースも用意されています。大画面での動画鑑賞やゲームプレイ、プレゼンや会議、勉強会などのビジネスシーンでも大活躍。

キャンプなどアウトドアの夜でも、楽しい時間を過ごせそうですね。

>> CAMPFIRE

 

[関連記事]
YouTubeもアマプラも見られるポケットサイズのプロジェクター

最大150インチ!Ankerのプロジェクターが明るく音質もアップデート!

6cm四方のプロジェクターはカバンにスポッと入ります

(文/&GP編集部)