日本向けに改良された「V8 Slimコードレスクリーナー」が使いやすい!

日本向けに改良された「V8 Slimコードレスクリーナー」が使いやすい!

日本向けに改良された「V8 Slimコードレスクリーナー」が使いやすい!の画像

「ダイソン、吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機」という有名なコピーとともに日本に上陸した掃除機界の黒船、ダイソン。当時は7万〜8万円という強気な価格設定に正直驚きもありましたが、今ではすっかり日本市場に根付いてきましたね。とはいえ、やはり海外生まれの製品は、日本の住宅事情や小柄な体形と合わない点があったのは事実です。だってダイソン、重たいんだもの…。

ですがついに日本の住環境を考慮して開発された新製品が登場しました!

「V8 Slimコードレスクリーナー」(オープン価格)は、なんと40%もの小型化、軽量化に成功したボディークリーナーヘッドを搭載。他の軽量モデルが取り残す微細なホコリも逃さない高い集じん力も備えた頼れる1台に仕上がっています。

スムーズな取り回しが可能になったことで、壁際や家具の下、 隙間などの掃除も簡単に行なえるようになりました。

改良点はクリーナーヘッドの小型化、軽量化だけではありません。パイプ部分もより短く軽くすることで、W250×D1123×H210mm、重さ2.15kgのスリム化に貢献。航空機に採用される軽量アルミニウムを使用し、回転ブラシの直径も約30%のサイズダウンに成功しました。

「V8 Slimコードレスクリーナー」を開発するにあたり、ダイソンのエンジニアは日本の家庭を訪問し、日本人の掃除に対する慣習などを徹底研究したといわれています。こうした地道な努力が、優れた製品開発につながっているのだと思うと、消費者としては信頼できる気持ちになりますね。

そろそろ掃除機を新調したい…と考えているアナタ、日本向けに改良されたダイソンはいかがでしょうか。

>> ダイソン「V8 Slimコードレスクリーナー」

 

[関連記事]
“パーソナル空清ファン”で攻勢をかけるダイソン新基軸 #家電最前線

ダイソン欲しい!でも部屋広くないし…。大丈夫、ヘッドがスリムなモデルありますよ!

ダイソン以外もOK!クリーナーの使い勝手を広げる収納用スタンド

(文/&GP編集部)