創刊号はボーイング787!JAL創設から現在までの名機がそろうぞ

創刊号はボーイング787!JAL創設から現在までの名機がそろうぞ

創刊号はボーイング787!JAL創設から現在までの名機がそろうぞの画像

デアゴスティーニ・ジャパンから、航空機ファン待望の隔週刊「JAL旅客機コレクション」が登場します。JAL創設から現在までの人気機体が1/400統一スケールのダイキャスト製モデル(全80巻予定)で揃う、かつてないコレクションマガジンシリーズ。

マニアにはたまらないお宝コレクション満載です。9月10日の発売に先立ち、ちょっと中身を覗いてみましょう。

JAL製作協力のもと、ダイキャスト製モデル&マガジンで、JALを知り尽くす初の分冊シリーズ「隔週刊 JAL旅客機コレクション」(創刊号特別価格:990円、第2号以降通常価格:2760円/税別)は、長い歴史の中で活躍した、懐かしいあの名機が次々と登場します。

創刊号を飾るのは、JALでも2012年から導入され始めた次世代機の代表格“ドリームライナー”こと「BOEING787-9」。現代のテクノロジーが満載です。

JALの人気機体を完全網羅したコレクションは、JALおよび航空機メーカー監修のもと、時代を象徴するペイントや、エンジンなどの細部まで忠実かつ精密に再現されているという贅沢ぶり。

JAL創業を支えた名機「YS-11」や「DC-8」、大量輸送を可能にした「ジャンボジェット」など歴代の人気機体に加え、グループ会社である「J-AIR(ジェイエア)」などの人気機種も登場。

さらに「JAS(日本エアシステム/2004年まで)」や「TDA(東亜国内航空/1988年まで)」といった、現在では入手困難ともいえる特別塗装機モデルもラインアップ。もう、感涙ものです。

付属のマガジンは4つの章で “JALと航空機の全て” をさまざまな切り口から明らかにしていくなど、読みごたえも抜群。2週間後が待ち遠しくなること間違いナシです。あなたも「隔週刊 JAL旅客機コレクション」で、大空にはばたく飛行機と一緒に素敵な夢を見てみませんか。

>> デアゴスティーニ・ジャパン「JAL旅客機コレクション」

 

[関連記事]
ゴジラといえばやっぱりこれ!全長90cmの動く初代ゴジラを作ろう!

毎週、刀剣の世界に浸れる!その名もズバリ『週刊 日本刀』

JAXA全面協力!小惑星探査機「はやぶさ2」を作ろう

(文/&GP編集部)