歴代作品とともにふり返るMSデザインの変遷【ガンダムMSデザイン40年史】

歴代作品とともにふり返るMSデザインの変遷【ガンダムMSデザイン40年史】

歴代作品とともにふり返るMSデザインの変遷【ガンダムMSデザイン40年史】の画像

【特集:ガンダムMSデザイン40年史】
1979年4月に放映開始されたロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。数多くのシリーズ作品が制作され、今年で40周年を迎えた。作品に登場するメカの多くはモビルスーツ(=MS)と呼ばれ、ほかのロボットとは一線を画す存在になっている。

そんなMSの40年を、スタジオぬえの森田繁さんと、小説家の皆川ゆかさんによる対談で検証。40周年の記念企画や、最新のガンプラおよびフィギュアの情報も含め、ガンダムの世界にドップリと浸って欲しい。

 

スタジオぬえ 森田 繁さん
1959年生まれ、東京都杉並区出身。スタジオぬえ所属。大学時代、制作進行デスクとして『ガンダムセンチュリー』に携わる。『∀ガンダム』では設定考証、『機動戦士ガンダムSEED』では脚本、特殊設定として参加。そのほか、『コードギアス 反逆のルルーシュ』、『宇宙戦艦ヤマト2199』など、数多のアニメ、SF作品の脚本や設定を手掛けている

 

小説家 皆川ゆかさん
一年戦争からデラーズ紛争までをまとめた896頁にも及ぶ大作『機動戦士ガンダム 公式百科事典』の編纂を担当。ガンダム作品のノベライズ『評伝シャア・アズナブル』『運命のタロット』シリーズをはじめとしたライトノベルなど著書多数。現在、ノベライズを担当する『小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』( KADOKAWA)が刊行中

■MSという新しい定義と戦記物世代を刺激したモビルスーツバリエーションMSV展開
皆川:『機動戦士ガンダム』の放送開始当時、森田さんと同じ20代前半の世代は作品に対してどんな反応だったんですか?

森田:宇宙を舞台にしたドラマやスペースコロニーの存在に、私を含む20代のSFファンは「もう絶対に観なきゃ!」という感じでした。自分も当時、20万円以上したソニーの「βマックス」を、拝み倒して親に買ってもらいました(笑)。

皆川:当時、私が強く印象に残っているのは、永井一郎さんの「君は生きのびることができるか?」という放送開始前の番宣のナレーション。何が始まるのか分らないけれど、強い期待感を抱きました。

森田:当時は情報が少ないゆえに、みんなで妄想を膨らませたところはありますよね。特に?“人間同士の戦いを描く” ストーリーは、ロボットアニメ作品としてはエポックメイキングでした。それまでの作品に登場する敵勢力って、異星人やクリーチャーでしたからね。

皆川:番組が始まって第1話を観た時、まずザクの大きさが把握できなかったのを覚えています。最初2〜3mくらいの装甲宇宙服ではないかと(苦笑)。

森田:それは富野監督にしたら「してやったり!」でしょうね(笑)。後に触れる副読本の『ガンダムセンチュリー』でも解説しているのですが、宇宙空間では空気遠近法が効かないので、人型のものはサイズが分かりにくくなるんです。そのため、宇宙服と思ってしまい、距離感を誤認して迎撃できなかった連邦軍がたくさんいた…という説はまぁ、後づけのでっち上げなんですけど(笑)

皆川:まるで劇中の連邦軍兵士のように誤認≠オてしまったのは、やはり演出のすごみなんでしょうね。そいうった手法も含めて『機動戦士ガンダム』は、大人っぽかったんですよ。作品のドラマ性は、中学生が観ても恥ずかしくありませんでしたし。しかも登場するのは、ロボットではなくて、モビルスーツ(=MS)という兵器でしたから。

森田:ロボットを?“モビルスーツ” と言い換えるだけで「こんなに新鮮なものになるの?」と驚きました。『マジンガーZ』以降、ものすごい数のロボットアニメが制作されていたんです。『機動戦士ガンダム』の放送当時は、スーパーロボットのアニメは飽きられるほどに?“こすりつくされていた” 状況でしたからね。『機動戦士ガンダム』には新しさを感じました。

皆川:でも、今観ると、やっぱりガンダムはスーパーロボットなんですよね(笑)。ガンダムとザクのデザインも、非常によかったと思います。デザインを手掛けた大河原邦男さんが「テレビに登場するロボットは、お茶の間に受け入れやすいモチーフが大切」だと、以前話されていました。例えば、ガンダムが甲冑を着た侍のように見えるのも、そのためでしょう。

森田:ザクであれば、背広とおっしゃっていましたよね。

皆川:あの時代にいきなり兵器然としたものが出たら、MSはここまで広く受け入れられなかったかもしれません。一方で、放送後に展開が始まったMSV(モビルスーツバリエーション)の企画は、MSをまさに兵器として捉え、バリエーション豊かなデザインが生まれました。

森田:いわゆる戦記物的な展開でしたよね。第二次世界大戦の兵器プラモデルが大人気だった時代の生き残りとなる我々世代には、特にハマりました。ゼロ戦の開発史とかは、当時の男子の一般教養でしたし(笑)。そんな戦記物に慣れ親しんだ世代が、自分たちの知識をMSのプラモデルで応用できると、MSVの作り手側が気付いたんでしょうね。

皆川:『コミックボンボン』などのガンプラ特集を手掛けた安井ひさしさんたちも、まさにその世代。ガンプラを買った子供たちが自分たちなりのMSに作ってもらおうと、マーキングやカラーバリエーションを設定し、提案されていました。

森田:ガンプラの取り扱い説明書などでも、部隊によるカラーバリエーションを紹介していましたし。あの当時の子供もそれを面白がってくれる世代だったんでしょうね。

■MSの機体設定に影響を与えた関連書籍などによる考証
皆川:『機動戦士ガンダム』の放送後に月刊OUTの別冊で『ガンダムセンチュリー』という本が出版されました。森田さんも制作に関わられましたが、当時のファンには?“バイブル” だったと記憶しています。

森田:位置付けでいえば、幼稚園児向けの絵本があるのに対して「いい歳したマニア向けの本」でした(笑)。作品の公式設定本ではないものの、富野監督や安彦良和さんなど制作者のインタビューを掲載していたことで、ファンから支持されたのかもしれません。

皆川:しかも『機動戦士ガンダム』を脚本した松崎さんが関わっていて、非常に変わった立ち位置の副読本ですよね。

森田:当時、アニメ本といえば徳間書店の“ロマンアルバム”でしたが、まさにアルバムの名前どおり、フィルムやセル画で各話を解説し、ファンが作品を回顧しながら読むものでした。私もいろんな作品のものを大喜びで買っていました。

皆川:作品のフィルムから読み取った解説もありました。

ガンダムセンチュリー』は回顧して楽しむアニメ本の域を超えて、作品の世界観の中で設定が弱いと感じた部分を、SFファンとして補完してしまったんです。人様の作品なのに思い上がったことですよね(笑)。時代が違って、当時だからできたコトでしょうね。

皆川:今にして思えば『ガンダムセンチュリー』は、ユーザーからのレスポンスだったと思うんです。“ファンフィクション” の部分はすごく強いですよね。

森田:まさにおっしゃるとおり。公式にしてもらいたかったわけではなくて、フィルム本編の?“つじつま” を合わせる遊びだったんです。ガンダムはあの頃の作品では相当設定があったにせよ、後から作る余地がありました。そのひとつが“AMBAC”という四肢による姿勢制御技術です。周囲が面白がってくれて原稿を書きました。ただ、自分でもそのことは忘れていましたけど(笑)

皆川:のちの「ガンダムセンチネル」でも、AMBACの設定は生かされていましたよね。

森田:『ガンダムセンチュリー』の始まりは、河森正治、美樹本晴彦、大野木寛たちが作った同人誌『GunSight』なんです。その中で、後に『機動戦士Zガンダム』で設定考証も担当した永瀬唯さんが、IフィールドやエネルギーCAPなどの設定をまことしやかに、かつ詳細に書いておられました。それが巡りに巡って、みのり書房から『OUT』の別冊として出版しましょう…という流れになったと記憶しています。

皆川:『機動戦士Zガンダム』のゼータガンダムといえば、そのデザインを選定する過程において、相当多くのデザイナーが関わられたようですね。トランスフォーマーやバルキリーのような従来の合体ロボットとは異なるコンセプトの可変メカを、視聴者が受け入れたことも大きかったのでしょうね。

森田:『機動戦士Zガンダム』が放映された頃になると、ガンプラによりプラモデル市場は大きく変化していましたよね。

皆川:富野監督が『機動戦士Zガンダム』にMSVを登場させたことも、このあとの宇宙世紀作品のストーリーと、MSのデザインのターニングポイントになったと思います。
■日本だけでなく世界も仰天!年代にはMSデザインが激変する
森田:ガンダムは40年の歴史の中、時代の要請や流行に合わせて、MSのデザインや展開形態を変えていますよね。

皆川:いまやロボットの顔のデザインは、大河原さんが手掛けたMSのガンダムと、超合金を生んだプロダクトデザイナーの村上克司さんによるスーパー戦隊ロボが“双璧”です。

森田:それ以外を求めると、どうしてもニッチにならざるを得ないかもしれません。

皆川:もしくはガンダムかスーパー戦隊ロボの“バリエーション”になってしまうんですよ。

MSに関しては、始まりもターニングポイントもすべてはRX-78-2ガンダムとMS-06ザクではないかと。以後のデザインはほとんど、そのバリエーションですから。そういう意味では、宇宙世紀以外の最初のガンダム作品が『機動武闘伝Gガンダム』だったことは、今考えるとよかったんでしょうね。似て非なるものを作るくらいなら、全く異なるアプローチを探る方がいいという判断もあったでしょうし。

皆川:大河原さんがテキーラガンダムを最初に描いた時にはトゲはなくて、そこに今川泰宏監督が、あのサボテンっぽいトゲを付けたという話ですよね。きっと、その時に一段、新しい次元に踏み込んでいったんでしょうね。次々に視聴者をアッと言わせるガンダムが現れましたから。

森田:『機動武闘伝Gガンダム』における各国のガンダム一覧を見た時には、思わず爆笑しましたよ(笑)

皆川:ネーデルガンダムは外国の方も笑ってましたよ。ネーデルラント=オランダ=風車で通じるものがあるんだなと。

森田:そんな『機動武闘伝Gガンダム』に登場する機体とも異なり、異色を放つのは『∀ガンダム』でしょう。ガンダムというデザインをカタチづくる“文法” のようなものが、全く異なっていました。世界的に有名なデザイナーのシド・ミードさんは、そもそもプロダクトデザインの人。しかも、ガンダムを知らない国外の人だっただけに、逆に我々が何をもってガンダムを認知しているのか、突きつけられた仕事だったんです。

皆川:けれど、立体化した∀ガンダムにポーズを付けてビーム・ライフルを構えさせると、ちゃんとガンダムに見える!

森田:面白いですよね。動くと、カッコいいし。バックショットがあんなに決まっているガンダムは、ほかにないくらい。

皆川:∀ガンダムは、振り向き美人なんです。ただ、我々はガンダムに対し、どうしても顔にこだわってしまうので『∀ガンダム』の放映当時、違和感を感じる人も多かったんですよね。

森田:アニメファンは設定画で判断してしまうところがありますから。シド・ミードさんはインダストリアルデザイナーなので成果物はあくまでも“立体”。立体物で最も効果が上がるようにデザインしています。だから、デザインを見る側にも、それなりのスキルというか、心構えが求められるんです。

皆川:面に対するこだわりも強く?“人の顔” というより?“人の顔に見えるもの” としてデザインされたのかと。

森田:シド・ミードさんの作業では、必ず我々のオーダーにも理由が求められました。「なぜ?」というクエスチョンが届く。そこで筋の通った説明をするたびに、あらためて気付かされることが多かったです。デザインのやりとりの際には「お願いしたのは工業製品だけど、実際はキャラクターデザインなんです」と、途中でお伝えしたこともありました。今まで漠然とやってきたことに対して、言語化することに迫られたことを考えると、∀ガンダムは、ガンダムのMSの歴史において、大きなターニングポイントだった気がします。

■女性ファンにより強くなったMS=キャラクターという捉えかた
森田:21世紀で最初の作品となった『機動戦士ガンダムSEED』は、商業的に大きな期待を持って制作された作品でした。私は脚本、特殊設定として携わりましたが、きっと一番プレッシャーを感じていたのは福田己津央監督でしょう。ただ、ご自身で手を挙げただけに自信も勝算もあったはずです。

皆川:『機動戦士ガンダムSEED』はある意味で“長浜ロマンロボ”のような(※1)テイストでしたよね。ほかの作品以上に、キャラクターを中心に物語が進んでいましたから。
※1『超電磁ロボ コンバトラーV』『超電磁マシーン ボルテスV』『闘将ダイモス』など長浜忠夫総監督によるロボットアニメ作品。既存のロボットアニメにはないドラマ性、エンターテイメント性により、多くの女性ファンから支持された。東映が企画し、アニメーション制作は創映社、のちのサンライズが担当している
森田:そういった点が、女性にも支持された要因かもしれませんね。『機動戦士ガンダムSEED』に関しては特に、女性ファンがキャラクターとMSを同一線上で好きになってくれたように思います。主人公のキラ・ヤマトが乗っている機体だからとストライクガンダムの立体物を欲しがったんです。本来、ガンダムは主力兵器、量産兵器なので、主人公たちは機体を乗り換えるわけですよ。そこにはあくまでも“兵器”としての愛着しかない。マジンガーZのような“俺の分身” 的な思い入れはないんです。それに対して『機動戦士ガンダムSEED』のMSの場合は“キャラクターありき” としてファンから見られがちでした。従来のMSとは異なる、稀有な存在になったと思います。

皆川:女性に加えて、小学生からの人気もスゴかった。当時、信じられないくらいガンプラが売れていましたね。

森田:何とか小学生にもガンプラを作ってもらおうと、低価格化にもこだわっていましたからね。主役機の「1/144ストライクガンダム」を、最初のガンプラである「1/144ガンダム」と同じく300円にしたのもそのためです。

皆川:1/144シリーズは従来のガンプラよりも簡単で作りやすい設計になっていました。気軽に購入できるよう、コンビニでも流通していましたね。

森田:そもそも『機動戦士ガンダムSEED』で想定していた視聴者は、今までガンダムを観たことのない子供たちでした。そのおかげで新しいファン層が増え、ガンダムファンの年齢層も大きく広がりました。口幅ったい言い方かもしれませんが、『機動戦士ガンダムSEED』はガンダムシリーズの“中興の祖” と言っていい作品でしょう。最大の功労者は福田監督ですよ。ただ、逆に従来のファンから批判を受けることも予想していて。物語は意図的にファーストガンダムのストーリーラインを想起させるようなものでした。制作に当たっていた福田監督の覚悟は、悲壮なものでしたね。ある種、今までのガンダムファンへの?“宣戦布告” のようなものだったのかも。

皆川:MSデザインも含め、前作と比べられるところがありますから。最初のOVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』はもちろん、富野監督自身の続編『機動戦士Zガンダム』もそれまでとは違う作品でした。ある意味、常にガンダムファンは試されていると言えますよね。

森田:作品の多様性によって、MSのデザインも幅も大きく広がったかもしれません。

皆川:MSVを『機動戦士Zガンダム』に登場させたように、富野監督自身が広がり続けるガンダム世界を取り込んで『∀ガンダム』を作りましたからね。

森田:そんな作品づくりや、それに関連するMSデザインの考案を年も重ねてきたのが、ほかのアニメにはないところ。長く観ているガンダムファンにとっては、そこも面白さのひとつだと思うんです。

 
■ガンダムMSの歴史におけるガンプラの大きな貢献度
皆川:ひと昔前まで、アニメ作品は「いつかは卒業するもの」でした。それを覆したのも、ガンダム作品といえます。ほかのコンテンツと大きく異なるのは、プロダクトが次々と提案されること。その最たるものはガンプラでしょう。コレクションしやすいHGを筆頭にMGやPGといった作り応えが異なるグレードが用意されています。

森田:常に上の世代の受け皿となる商品がリリースされていて、MSのフォルムや精密度がそれぞれ異なりますよね。

皆川:ガンプラのグレードは鉄道模型の住み分けに似ているように思います。Nゲージはフル編成でコレクション、倍のサイズとなるHOゲージ(16番)はディテールを楽しむ…みたいな。1/144スケールのHGと、1/100スケールのMGまたは1/60スケールのPGとの違いといえますね。模型における解像度が違うんです。

森田:ただし、スケールモデルは実物があってのもの。鉄道模型なら実車両に近づくよう、メーカー側も購入した側も考えるわけです。一方で、MSは本物がないので、ガンプラをディテールアップしたい時にゴールがどこにあるのだろうと。それこそ実物大のガンダムはあっても、それは“実物の兵器”ではないので正解にならないんです。

皆川:それこそが模型のファンが模索している“らしさ”でしょうね。最近では幸いにも、18m級のガンダムが“大地に立った” ことで、影の落ち方や、雨風による汚れ方が実証されたわけで。そういったMSの立体物が建造された意味は、非常に大きいと思います。

森田:設定画のRX-78-2ガンダムを見ていると、股関節により、そもそも脚部が上がらない構造なのがよくわかります。

皆川:それがガンプラの進化で上がるようになりました。

森田:アニメのウソに対して、プラモデルがつじつまを合わせてきた…。つまりはMSのデザインに意味を持たせ、手に入りやすいMSの立体物として果たしてきた役割は、非常に大きかったのではないでしょうか。ちなみに、私の中では安彦さんの描かれたプロポーションが “本物のガンダム” です(笑)

皆川:アニメの中でつじつまが合わず、実在しないMSだからこそ『ガンダムセンチュリー』みたいなことができた。設定には“ゆるさ”や?“遊びの部分” も非常に大事なんです。

森田:そもそもガンプラを両手に持って、どっちが強いか遊んでいるうちに、頭の中で?“設定のインフレ” が起きるのが楽しい。その延長線上に、今の我々の仕事があるわけで。設定だけに縛られて、その楽しさがなくなるとツライだけですよ。ガンダムのビジネスは、エンタテインメントの構造が分厚くなった一方で、窮屈に感じてしまうところもありますが。

皆川:『ガンダムビルドファイターズ』シリーズみたいに、物語もMSのデザインも比較的自由な作品もありますね。

森田:MSのデザインも含めて、ガンダムシリーズに課題があるとすれば、40周年続いたために相当の遊びをやりつくしてしまったことでしょう。次に何ができるかを考えることが、大きな課題のような気がします。マンネリになることをあえて恐れずに、オールドスクールな作品を作り続けると同時に、新しい作品にもチャレンジする。この2本立てを、維持できるかどうか。我々が「こんな手があったのか!」と思うようなブレイクスルーを、今後登場するガンダム作品やMSに期待したいですね。

 
■ガンプラは同じ題材でもデザインやプロポーションが異なる
ガンプラはサイズが大きいからといって精密というわけではない。例えば、完成サイズが大きい「1/48 メガサイズモデル」は、作りやすさを重視してパーツが簡略化されている。一方、手のひらサイズの「RG 1/144」のキットは、精密度を徹底的に追求。作り応えは満点だ。

RX-78-2ガンダムという同じ題材でもデザインやプロポーションが微妙に異なるのもポイント。こうしたガンプラの多様化の影響もあり、MSのデザインは幅広く進化してきたといえよう。

>> 特集:ガンダムMSデザイン40年史
? 創通・サンライズ
本記事の内容はGoodsPress6月号92~97ページに掲載されています
 

[関連記事]
『機動戦士ガンダム』のボードゲーム第2弾登場。ついにジェットストリームアタック炸裂!

ちょ!作り込みすぎじゃない!? 約2000パーツの超精密νガンダムが出るぞ!

『機動戦士ガンダムNT』MSキットは劇中形態で飾りたい放題!【ニッポンの精密キャラホビー】

(取材・文/桑木貴章<メガロマニア> 写真/下城英悟 インタニア 園田昭彦)