“超合金ニューZ”製のグレートマジンガーだから超合金で発売されるのは当然なのだ

“超合金ニューZ”製のグレートマジンガーだから超合金で発売されるのは当然なのだ

“超合金ニューZ”製のグレートマジンガーだから超合金で発売されるのは当然なのだの画像

1972年に誕生した永井豪氏原作による『マジンガーZ』。ファンの方はご存知かと思いますが、作中では、マジンガーZが“超合金Z”、グレートマジンガーは“超合金ニューZ”という特殊な合金でできているとされています。そうなるとやはり、リアルさを追求した本格フィギュアであれば、男の子にはおなじみ、あの“超合金”シリーズで発売されるのが当然なのです!

BANDAI SPIRITSの展開する大人向けフィギュアブランド“TAMASHII NATIONS”は、4月に直営フラッグシップショップとなる“TAMASHII NATIONS TOKYO(魂ネイションズTOKYO)”(略称TNT)をオープンさせました。そのグランドオープンに合わせて発売されたのが「超合金魂 GX-01R マジンガーZ (Tokyo Limited)」。

そして今回、そのシリーズ第2弾として、グレートマジンガーが「超合金魂 GX-02R グレートマジンガー(Tokyo Limited)」(1万1000円/税別)となって発売に。しかも店舗限定販売というレアものです。

そもそもマジンガーZの “超合金” を元にして命名されたバンダイの“超合金”シリーズ(もちろん実際に超合金Zが使われているわけではありませんが)。あのズッシリとくる重みと金属の質感からくる所有感は、マジンガーZに限らず、さまざまなオモチャで世の多くの男子が通ってきた道のはず。

今回のグレートマジンガーは1998年発売のフィギュアの仕様を踏襲したもので、全高は180mm、アトミックパンチやマジンガーブレード、グレートブーメラン、スクランブルダッシュにグレートブースターなど、多彩なパーツが付属。台座はTNTのロゴをあしらった限定デザインになっています。

さらには、マジンガーZフィギュアもお持ちの方であれば、握手シーンを再現できる“握手用手首”パーツも付属するという、ファン大満足の仕掛けも。発売は9月21日より。TAMASHII NATIONS TOKYOにて限定数(非公開)での販売となります。

>>TAMASHII NATIONS TOKYO
?ダイナミック企画 ※掲載の画像はイメージです。 実際とは異なる場合があります。
 

[関連記事]
実は同い年!だから45歳の記念に「超合金ハローキティ」誕生です
ちょ!作り込みすぎじゃない!? 約2000パーツの超精密νガンダムが出るぞ!

バットマンはやっぱりコミック版でしょ!そんな人にはこのフィギュア!

(文/&GP編集部)