高級万年筆はただの筆記用具ではなく、個性を引き立てるアイテムなんです

高級万年筆はただの筆記用具ではなく、個性を引き立てるアイテムなんです

高級万年筆はただの筆記用具ではなく、個性を引き立てるアイテムなんですの画像

135年以上の歴史を持つ “万年筆の祖” ウォーターマン。世界で初めて毛細管現象を応用した技術を生み出し、現在では、ほとんどの万年筆に受け継がれています。1990年にはパリ国際博覧会で金賞を受賞。そのエレガントなデザインから、ウォーターマンの万年筆は、単なる “書く道具” の域を超え、“ライティング・ジュエリー(宝石のような筆記具)”と称される一大ブランドとなりました。

そんなウォーターマンの中でも、ビジネスシックなスタイルや実用性の高さで幅広い層から支持を得ているのが「エキスパート」。このたび、「エキスパート」から“18金ペン先”を用いた新コレクションが登場 。特別な1本は、ビジネスシーンでも手元からワンランク上の魅力を放ちます。

従来のステンレススチール製のペン先に比べ、“18金”が生み出す柔らかな書き心地は、インスピレーションを刺激。耐久性も高く、ワンランク上の万年筆を探している方に方にぴったりです。

艶やかな深みのある色合いが高級感を醸し出すプルシアンブルー、気品溢れるアイボリー、シックな落ち着きと力強さを兼ね備えたブラック(GT/ゴールドプレート、CT/ニッケルパラジウム)の3色で展開。各々のボディカラーがエレガンスさを演出します。

筆記用具としてはもちろん、個性を引き立てるアクセサリーアイテムとして、さらには、自己表現ツールとして。あなたもウォーターマンの「エキスパート」で豊かな文化を取り入れてみませんか。

>> ウォーターマン

 

[関連記事]
モネの「印象、日の出」が描かれた万年筆に目が奪われそうになる

1本100万円!? プラチナ万年筆100周年モデルは、“王者”と呼ぶにふさわしい貫禄

仕事始めに万年筆を新調するのにピッタリなパイロットの入門モデル

(文/&GP編集部)