キャンプの楽しみ「焚き火」が便利になるアイデアギア5選

キャンプの楽しみ「焚き火」が便利になるアイデアギア5選

キャンプの楽しみ「焚き火」が便利になるアイデアギア5選の画像

キャンプに焚き火は必要不可欠です。ただボーッと火を眺めているだけでも、なんだか癒やされます。キャンプをしない人からは「料理するためにやるんでしょ?」と言われたりしますが、実はあまり料理に使わなかったり…。「じゃあ、どうしてやるの?」となりますが、そこはもう「焚き火っていいんだよね」としか言いようがなかったりして。

とにかくやってみると分かるのですが、キャンプに焚き火は付き物なんです。準備が必要だったり、後始末がちょいと面倒だったり、焚き火のニオイが服に付いたりしますが、それでもやっぱり焚き火は必要です(やったことがない人は、ぜひ一度やってみてください!)。

季節は秋。焚き火がより楽しい季節になってきました(個人的な感想です)。そこで、焚き火回りにあると便利なグッズをご紹介します。さまざまなグッズを駆使して、キャンプの醍醐味、焚き火をより便利に楽しんでみませんか?

1. 薪運びを快適に!

キャンプの時に薪ってどうしていますか? キャンプ場で買う。途中で買って持っていく。前のキャンプで余ったモノを持っていく。さまざまあると思いますが、最終的にはテントサイトまで持ち運ばなければなりません。そんな時、薪を運ぶのに便利なバッグを使ってみては。これがあれば、ササクレで指をケガしたり、まとめているワイヤーで手が痛くなったりといった心配もありません。また自宅から持っていく際も、クルマの中を汚す心配もありませんよ。

>> あると便利な薪専用バッグ!これ大きめギアの運搬にも役立ちますよ

 
2. 使わない薪の置き場に

お次は焚き火中。使っていない薪を置いておく場所として便利な鉄製のラックです。薪はできるかぎりカラッと乾いた状態にしておくのがベスト。このラックがあれば、薪を地面から少し浮かせておける上に、ただ薪を載せておくだけで、薪と薪の間に自然と空間が生まれる形状になっていて、湿気がたまりづらくさせられます。しかも上にも他のモノを置けるので、スペースを効率良く使えます。

>> 焚き火回りの不便を解決!拡張性抜群のベルモント「アイアン薪ラック」【アウトドア銘品図鑑】

 
3. 直火のゴトクにもなる

わずか34cm四方の小さなテーブルですが、この手のテーブルが焚き火の近くやチェアの近くにあるだけで重宝します。しかも鉄製だから、もしキャンプ場が直火OKなら、そのまま下の部分に薪を置いて火をつければ、焚き火用のゴトクにもなります。もちろん鉄製で、さらに耐荷重が20kgなので、重いダッチオーブンだって余裕です。

>> テーブル?焚き火台?高品質なのに3500円のONOE「マルチスタンドplus」【アウトドア銘品図鑑】

 
4. 太い薪から食材までつまめる!

焚き火を始めた後も、薪を放っておくわけにはいきません。崩れる薪をうまく動かしたり、新たな薪を投入したりと、効率良く燃やし続けるために、焚き火の番は重要です。でもこの火のコントロールが楽しかったりするんですが。そんな時に、便利なのがこのトング。太い薪から細い食材まで何でもつまめるアイデア形状をしていて、これひとつあるだけで、かなり便利になりますよ。

>> BBQでもキャンプでも大活躍!魅惑のツール「キングトング」【アウトドア銘品図鑑】

 
5. 焚き火周辺は難燃性素材のギアで

焚き火あるあるなのが、火の粉でウエアやチェアに穴があいてしまうこと。いきなり薪が爆ぜて、火の粉が飛んできたなんてこと、焚き火には普通のことです。でも焚き火の炎を近くで見ながらゆったり過ごしたいですよね。そんな時は、難燃性素材を使ったギアがオススメです。こちらのチェアも生地が難燃性なため、火の粉が当たっても穴があきづらくなっています。

>> “焚き火あるある”な火の粉で穴開きを防ぐ難燃性素材の軽量チェア

 

[関連記事]
ブランドの歴史や名作に思いを馳せる復刻腕時計5選

[特集]初めての焚き火

備えあれば憂いなし!災害時に役立つ防災グッズ5選

(文/&GP編集部)