ノイキャン付きの首掛けワイヤレスでどこでも音楽を楽しむ!

ノイキャン付きの首掛けワイヤレスでどこでも音楽を楽しむ!

ノイキャン付きの首掛けワイヤレスでどこでも音楽を楽しむ!の画像

実際に使ってみて、初めてその快適さを実感できるのがワイヤレスイヤホンとノイズキャンセリング機能です。しかも首掛けタイプは完全ワイヤレスと違って、外したときになくす心配もありません。そんな音楽好きにはたまらない機能を兼ね備えたオーディオテクニカの新作をご紹介します。

11月15日からの発売開始が予定されているオーディオテクニカのワイヤレスイヤホン「ATH-ANC400BT」(オープン価格・2万7000円前後)は、最大約20時間のワイヤレス再生&ノイズキャンセリング再生を搭載したイヤホンです。

“Quiet Pointハイブリッドデジタルノイズキャンセリング” 技術により、周囲の喧騒やノイズを打ち消す逆位相の音を生成。静かな空間の中で、専用設計の12mm径ドライバーが再生する丁寧かつ量感のある高解像度サウンドを楽しめます。

スマホ等への接続はBluetooth 5.0で行い、コーデックは原音の再現性に優れたaptX HDを始め、aptX/AAC/SBCと幅広く対応。2台の機器を同時にワイヤレス接続することも可能です。また、スマホ用アプリ「Connect」にも対応しており、アプリ内で周囲の状況に応じたノイズキャンセリング効果の調整やコーデックの切り替えが行える他、外部の音を内蔵マイクで取り込むことで周りの音を確認できる?“ヒアスルー機能”の切り替え&レベル調整も手軽に行えます。

ワイヤレスだけでなく、有線接続への対応も充実。3.5mmステレオジャックによる有線接続でハイレゾサウンドを楽しめ、また付属のUSB-Cケーブルでスマホ等に直接繋げられるので、ゲームプレイや動画再生時における再生遅延への心配も無用です。

ネックバンドコントローラーでさまざまな操作を行うことができ、内蔵マイクでスマホに着信した電話へのハンズフリー通話にも対応します。

ネックバンド本体はエラストマー素材を採用し、首元へしなやかにラウンドする形状。コントローラー操作がやりやすく、長時間のリスニングでも快適さを損ないません。耳穴への装着はカナル式で、計4つのイヤーピース(付属)から最適な装着感をチョイス。

IPX2の防水性を備えており、スポーツ時の汗や急な雨でも安心です。使用しないときや持ち運びの際は、コードを付属のマグネットクリップでキレイにまとめられます。電源は充電式で、フル充電までの所要時間は約3時間。総重量は約87gとなっています。

10月11日に発売が開始されるスポーツ用ワイヤレスイヤホン「SONICSPORT」2タイプも合わせて紹介。

「ATH-SPORT90BT」(予想実勢価格:1万8000円前後)は、本体に4GBメモリーと音楽プレイヤーを内蔵。サウンドデータを入れておけば、スマホ等がなくてもイヤホン本体だけで音楽を楽しめます。IP5Xの防水性により丸洗いが可能なため、常に清潔な状態を保てます。

約3時間のフル充電で、音楽プレイヤー使用時は最大約8時間、Bluetooth接続時(5.0準拠)は最大約5時間の連続再生が可能です。本体重量は約22g、カラーはガンメタルブラックとゴールドネイビーの2色で展開されます。

「ATH-SPORT60BT」(オープン価格・7600円前後)は、使い勝手に優れたシンプルなワイヤレスイヤホン。約2時間のフル充電で、最大約6時間のワイヤレス再生が可能となっており、本体を丸洗いできるIPX5の防水性も備えています。本体重量は約17g、カラーはブラック、ピンク、ホワイトの3種類です。

お気に入りのサウンドを、場所を選ばずどこでも快適に楽しめるワイヤレスイヤホン。いずれも家電量販店や各ECサイトで販売されます。

>> オーディオテクニカ

 

[関連記事]
黒の完全ワイヤレスはもう飽きた!だったらカモフラ柄はいかが?

ケースでスマホをワイヤレス充電できる完全ワイヤレス登場

高性能チップ搭載で音切れのない長時間のサウンド再生を実現!

(文/&GP編集部)