オニツカタイガー×世界のデザイナー、第4弾のテーマはプロテクション!

オニツカタイガー×世界のデザイナー、第4弾のテーマはプロテクション!

オニツカタイガー×世界のデザイナー、第4弾のテーマはプロテクション!の画像

オニツカタイガーの70周年を記念して、世界的なデザイナーたちとコラボレーションする「70th Anniversary × 7 Designers」。第3弾として登場した、CHRISTIAN DADA(クリスチャンダダ)のデザイナー・森川マサノリ氏とのコラボシューズがオンラインストアですぐ完売になるなど、注目を集めているコラボシリーズです。

そして最新となる第4弾は、メンズウエアブランド「STAFFONLY(スタッフオンリー)」のデザイナーデュオ・Shimo Zhou氏とUne Yea氏とのコラボです!

 

「STAFFONLY」は、中国人デザイナーのShimo Zhou(周師墨)氏とUne Yea(温雅)氏が手掛けるファッションブランド。女性デザイナーデュオでありながら、“中国の男性のファッションを変えたい”とメンズのみを展開しているブランドです。

その2人が今回テーマにしたのが“プロテクション”。ブルーとオレンジの2本使いのシューレースや、凸凹な素材でできたつま先とヒール部分が独創的なシューズ(1万4000円/税別)です。

ベースがオニツカタイガーの定番モデル「SERRANO(セラーノ)」だと感じさせない斬新な見た目は、テーマがプロテクションでありながらも、攻めのデザインを感じさせます。

シューズと統一感のあるデザインのアパレルも登場。カンフースーツを思わせるフロントデザインのトラックトップ(3万6000円/税別)は、衿や袖、バックの裾にブランドロゴがあしらわれています。

トラックトップとセットアップになっているトラックパンツ(2万円/税別)のウエスト部分には、シューレースと同じドローコードを採用。

シューズ、アパレルともにユニセックス。一部を除く店舗やオニツカタイガーマガジン公式オンラインストアにて発売中です。

>> オニツカタイガー「70th Anniversary × 7 Designers」

 

[関連記事]
個性放つ、オニツカタイガー × CHRISTIAN DADAコラボの重厚感

オニツカタイガーのストU春麗モデルは“らしさ”満点!

素材に注目!日本の伝統工芸が息づくオニツカタイガー

(文/&GP編集部)