GORE-TEXを纏ったニューバランス×スノーピークのコラボシューズ

GORE-TEXを纏ったニューバランス×スノーピークのコラボシューズ

GORE-TEXを纏ったニューバランス×スノーピークのコラボシューズの画像

アメリカと日本のメンバーで2018年より構成されたデザインチームによる、ニューバランスの新ブランド・TOKYO DESIGN STUDIO New Balance(東京デザインスタジオ ニューバランス)。

昨年ローンチされた注目ブランドがこのたびコラボしたのは、アウトドアブランドの雄、スノーピークです。新モデル「R_C4」をベースとしたミッドカットシューズ「TDS × Snow Peak EXTREME SPEC R_C4 MID」(3万5000円/税別)は、GORE-TEXのアッパーや新たに開発したミッドソール“ENCAP REVEAL”を採用するなど、アウトドアでも街歩きでも活躍するハイレベルな一足になっています。

「TOKYO DESIGN STUDIO New Balance」の新シューズ「R_C4」のローンチと同日である10月5日に発売される「TDS × Snow Peak EXTREME SPEC R_C4 MID」。

日本を代表するアウトドアブランドであるスノーピークとコラボしたこのシューズは、「R_C4」をベースに、“EXTREME SPEC” をコンセプトに作られたとのこと。エクストリームとは “極端な” “極度の” といった意味のほか、スラングでは “最高の” といった意味を持ち、野山やキャンプフィールドでも使える機能性と、街歩きや普段使いにもマッチするデザイン性を高いレベルで融合させたモデルです。

サポート性のあるミッドカットは、「R_C4」の中でもこのコラボモデルのみに採用されている独占仕様だそう。アッパーには、防水性と透湿性に優れたGORE-TEX素材を採用。そこに非常にタフなコーデュラリップストップ素材を重ね、雨の日も晴れの日も快適に履けます。

アウトソールに搭載したのは、イタリア・Vibram社製のソールで、濡れた路面でも滑りにくいように、高度を調整したラバー素材をラギット(無骨)な形状に加工して、グリップ力を高めています。足をしっかりホールドするバックルは、ドイツのFIDLOCK社製。マグネット式になっているので、夜間や視野の悪いシーンでも簡単に片手で付け外しできます。

そして、ミッドソールには、新たに開発した「ENCAP REVEAL(エンキャップリビール)」を採用。ニューバランス独自のテクノロジー「ENCAP」をもとに、従来のEVA 素材を高度な衝撃吸収性・反発弾性を誇る「ABZORB(アブゾーブ)」にアップデートし、着地時の衝撃を吸収するとともに蹴り出し時のパワーに変換します。

カラーはどんなコーデにも合わせやすいBLACKNAVY。街から山まで軽やかに飛び回りたい人は注目の1足です。

>>?TOKYO DESIGN STUDIO New Balance

[関連記事]
ニューバランスの技術力を注ぎ込んだ高反発シューズで新記録を目指せ!

ニューバランスの定番「996」が6ショップとコラボ!どれも個性的だぞ

3Dプリント技術を使った次世代モデルの第1弾、ニューバランス「990」

(文/&GP編集部)