夏はハンディ扇風機!冬は“巻けるヒーター”で暖を取る!

夏はハンディ扇風機!冬は“巻けるヒーター”で暖を取る!

「巻けるヒーター」に注目

夏はハンディ扇風機!冬は“巻けるヒーター”で暖を取る!

夏はハンディ扇風機!冬は“巻けるヒーター”で暖を取る!の画像

物から秋冬物へと衣替えも済んだ家庭もあるでしょう。気が付けばあっという間に冬がやってくるので、そろそろ、防寒対策も考えはじめてもいいかもしれません。そこで注目したいのが、ドウシシャから登場した「ウェアラブルヒーター ネック」と「ウェアラブルヒーター ウエスト」。ヒーターを内蔵したこのアイテムを首や腰に巻き付けるという、新しいタイプの防寒具です。

近年、夏の暑さ対策として、モバイル扇風機などが人気ですが、冬のパーソナルな寒さ対策のために作られたのが、ドウシシャの「ウェアラブルヒーター」。タートルネックを着ていても、マフラーを巻き付けても、どうしても首元がスースーしてしまう…という人にぴったりなのが「ウェアラブルヒーター ネック」です。

ポリエステルと、優れた伸縮性を持つポリウレタン弾性繊維素材で作られた、厚みのあるマフラーやネックウォーマーのようなアイテムで、その中に5000mAhの専用モバイルバッテリーとフィルムヒーターを入れ、電源ボタンを入れるとヒーター部分が発熱する仕組みです。

電源ボタンを長押しでオン/オフ、ボタン短押しで、弱(40℃)、中(44℃)、強(48℃)の3段階の温度に調節が可能。バッテリーが満充電の状態で、強なら15時間、中なら17時間、弱なら20時間の連続使用ができます。

ピンク、ベージュ、ブルー、グレーと色合いもファッショナブルなので、ファッションアイテムとして取り入れ、さりげなく防寒対策ができそう。

また、寒くなると腰が痛くなる…という人のために「ウェアラブルヒーター ウエスト」も登場。こちらは腰に巻くスタイルで、同じく3段階で温度調節ができ、強なら8時間、中なら9時間、弱なら11時間の連続使用が可能です。

カラーはネイビー、ブラック、グレーの3色をラインナップ。小さく折り畳んで持ち歩き、寒くなったらサッと腰に巻けますし、服に隠れるので、仕事中にも着用していられそうですね。

どちらも、汚れたら、中のバッテリーを取り外せば手洗いができるのもポイント。高温になりすぎないようサーモスタット装置で制御している点も安心できます。専用バッテリーは5段階で充電状況がわかるランプ付きなのも便利そう。

通勤通学時はもちろん、アウトドアや寒い日のスポーツ観戦時などにも活躍しそうです。

>> ドウシシャ「ウェアラブルヒーター ネック」

 

[関連記事]
ヒーターもミニマルな北欧デザインならどんな部屋にも馴染みます

大人気のカセットボンベ式ストーブにビームスコラボの新色が追加です

赤外線ヒーターならホコリを舞わせずに部屋が暖まりますよ!

(文/&GP編集部)