街乗りがラクなスズキのVツインスポーツ「SV650」は、本気で乗ると手強いぞ

街乗りがラクなスズキのVツインスポーツ「SV650」は、本気で乗ると手強いぞ

街乗りがラクなスズキのVツインスポーツ「SV650」は、本気で乗ると手強いぞの画像

今や“楚々(そそ)とした美人”などと書くとフェミニストの人たちに怒られそうですが、650ccのV型2気筒エンジンを搭載したスズキ「SV650 ABS」を前にすると、そんな単語が頭に浮かびます。

Vツインらしい細身のボディを活かした、シンプル&スタイリッシュな外観。飽きが来ない、いかにも長く付き合えそうなスポーツバイクです。

■SV650は無理ない姿勢で乗れて取り回しもラク

スズキのSV系といえば、かつて販売された400ccの「SV400」や、宇宙人のような顔つきが話題になった「SV400S」を思い出す人が多いかもしれません。日本市場では、コチラがメインでしたからね。

楕円のアルミ管を三角形に組んだトラスフレームに、やはりアルミのリアスイングアームを組み合わせた贅沢な構成。愛嬌ある姿とは裏腹に、太いトルクを活かして「やたらと速い」という評判を取ったモデルでした。

今回紹介するSV650は、これまで海外市場向けがメインでしたが、3代目に当たる現行モデルからは、国内でも積極的に存在をアピールしています。

コンベンショナルな鋼管トラスフレームに、伝統の90度V型2気筒エンジンを胸に抱きます。試乗車は、2018年のカタログに載った“トリトンブルーメタリック×パールグレッシャーホワイト”というカラーリング。すっきりとした上品な色使いですね。

シート高は785mm。ミドルクラスにしては足つきがいいけれど、前方に向かって幅を絞り込んだシートのクッションが、少々薄いのが気になるところ。ライディングポジションはネイキッドバイクらしい、上体を軽く倒した無理のない姿勢です。街乗りでも、取り回しはラク。

ワンプッシュするだけで、エンジンがかかるまでセルを回してくれる“スズキイージースタートシステム”を搭載。正直「ありがたみがよく分からない」というライダーも多いと思いますが、キャブレター時代のVツインは始動でグズることもあったので、密かに(?)ありがたい装備です。
■趣味の乗り物としても大アリのVツインエンジン

いざ走り始めると、オオッ! 貴婦人かと思っていたSV650ですが、意外とワイルドですね。

Vツインらしい不等間隔のビートを利かせながら、グイグイと力強く196kgのボディを押し出していきます。ちょっと重いマスを回しているような回転フィールですが、その分、トルクの太さを感じさせます。76.1馬力のピークパワーを8500回転で発生しますが、そこまで回さなくとも十二分に速い。最大トルクは6.5kgf-m/8100回転と、やはり8000回転超で得られますが、むしろ低中回転域で本領を発揮する実用ユニットです。

さらにSV650は、低速走行時、エンジン回転数の落ち込みを抑えてエンストしにくくする親切機構も備えます。日常的に使うオーナーとなれば、渋滞やUターン時に恩恵を受けること、多いのではないでしょうか。長年使われてきたエンジンらしい親切な工夫です。

ちなみに、水冷645ccのヘッドはツインカム4バルブ。しかも、1気筒につきスパークプラグを2本備えるツインスパークエンジンです! 並列2気筒と比較して、パーツが多くなりがちなV型エンジンにして、このこだわり。パラレルエンジンが全盛の今だからこそ、あえてVツインを選ぶのも、趣味の乗り物としては大いにアリですね。

クリーンなデザインと、野趣を残したライドフィールが魅力のSV650。本気で乗ると意外と手強いVツインスポーツです。
■メーカー自らネオレトロなカフェレーサーに仕立てたSV650X

そんなSV650 ABSをメーカー自らモディファイ…、というか、カスタムしたモデルが、「SV650X ABS」です。

丸目のヘッドランプに小ぶりなカウルを与え、シートを懐かしいタックロールタイプに変更。

さらに、左右がつながったバーハンドルをセパレート化して、グリップの位置をググッと下げました。

さすが純正カスタムというべきか、全体にガラリと雰囲気が変わり、見事にネオレトロなカフェレーサーに変身! 最小の変更で最大の効果を得ています。

やはり薄めのシートにまたがってトップブリッジ下から生える“バーハン”に手を伸ばせば、前傾を増したアグレッシブな姿勢になっています。高速道路など、腰を伸ばせないシチュエーションが続くと、ちょっと疲れるかも。

一方で、心理的にも物理的にもVツインとの距離が縮まり、それこそシリンダー内の爆発がそのまま伝わるかのようなダイレクト感が新鮮。視点が大幅に低くなっていることと併せ、スポーティなフィールがいや増します。普段の道がサーキットに! …というのはいい過ぎですが、スロットルをひねるのが楽しくて仕方ない。

せっかくなので、峠道までアシを延ばしたところ、SV650X、豪快なVツインスポーツですね。V型2気筒の太いトルクが、スリムなボディをガンガンと蹴っ飛ばす。ただ、長めのホイールベースとやや安定指向のアライメントの影響か、細かいカーブが続く道では意識的に丁寧に乗らないと、スムーズに走ってくれません。

“バーハン”化によるフロント荷重増加の恩恵を、なかなか受け取れない。そんなチョッピリ気難しいハンドリングも、むしろSV650Xを乗りこなす喜びにつながることでしょう。カフェに飾るだけではもったいない公道レーサーです。

なお、SV650/SV650Xは、2019年のマイナーチェンジでフロントブレーキのキャリパーが2ポッドから4ポッドに強化されました。個人的には、2ポッド仕様でも制動力に不足を感じませんでしたが、伝統あるモデルが今でも改良され続けているのは、うれしいことです。

<SPECIFICATIONS>
☆SV650 ABS
ボディサイズ:L2140×W760×H1090mm
車両重量:197kg
エンジン: 645cc 水冷V型2気筒 DOHC
トランスミッション:6速MT
最高出力:76.1馬力/8500回転
最大トルク:6.5kgf-m/8100回転
価格:75万2400円

<SPECIFICATIONS>
☆SV650X ABS
ボディサイズ:L2140×W730×H1090mm
車両重量:197kg
エンジン: 645cc 水冷V型2気筒 DOHC
トランスミッション:6速MT
最高出力:76.1馬力/8500回転
最大トルク:6.5kgf-m/8100回転
価格:79万6400円

(文&写真/ダン・アオキ)

[関連記事]
注目の“ネオクラ”バイク「キャバレロ スクランブラー」を手掛けるファンティックって知ってる?

オフ車の魅力をストリートで!新世代のドゥカティ「スクランブラー」はカスタムも楽しめます

スクーターだけど悪路だってイケる!ホンダ「X-ADV」は走るステージを選びません