実は今までなかった?テクニクスから初のイヤホンが登場

実は今までなかった?テクニクスから初のイヤホンが登場

実は今までなかった?テクニクスから初のイヤホンが登場の画像

パナソニックの音響機器ブランド・Technics(テクニクス)より、同ブランドでは初となるイヤホンが登場。11月15日より発売がスタートします。アラフォー以上の世代なら懐かしさを感じずにはいられない国産オーディオブランドのアイテムだけに、これは否が応でも期待が高まります!

「ステレオインサイドホン EAH-TZ700」(12万円/税別)はパナソニック独自の技術を用いて開発された、業界初となる磁性流体採用のダイナミック型10mm径ドライバー “プレシジョンモーションドライバー” を搭載。3Hzから100kHzまでの幅広い音域を再生し、またハイレゾサウンドにも対応するなど、音源が持つ臨場感や躍動感をリアルに再現します。

本体の形状はサウンドをダイレクトに耳奥へと伝える3D形状のカナル型タイプで、チタンとマグネシウムを組み合わせた制振性能の高いハウジング構造及び、安定した装着ポジションを実現。ノーマルタイプとオーバルタイプ(各4サイズ)のシリコン製イヤーピースが付属し、耳穴の形にマッチしたものをチョイスすることで、より快適なフィット感と遮音性を得られます。

イヤホン本体と機器を繋ぐインサイドホンコードは着脱式となっており、着脱コード(3.5mm径ステレオミニプラグL型)と着脱バランスコード(2.5mm径4極L型)の2種類を同梱。タッチノイズの少なさと使いやすさが重視され、さらにイヤホン本体とコードの接合部(MMCX接続端子)には金メッキ仕上げのローレットを施すなど、上級機に相応しい上質なデザインが用いられています。持ち運びの際は付属の専用キャリングケースに収納することで、無用な傷付きやコードの絡みを防げます。コードを含めた重量は約21gと軽量です。

聴き慣れているはずのサウンドを別次元の最上級クオリティに変えてしまう、ハイエンド・オブ・ハイエンドのイヤホン。音へのこだわりを自負している方なら、持っていて然るべしのマストアイテムとなりそうですね。

>> Technics「ステレオインサイドホン(EAH-TZ700)」

 

[関連記事]
スマホでもしっかりハイレゾ聴きたい!だったら有線イヤホンじゃない?
音質重視時は有線で!そんな使い分けができるワイヤレスイヤホン誕生

イヤホンは有線派なら要チェック!RHAからLightning端子搭載イヤホン登場

(文/&GP編集部)