鮮やかなオレンジが映えるベスパの125cc特別モデル

鮮やかなオレンジが映えるベスパの125cc特別モデル

鮮やかなオレンジが映えるベスパの125cc特別モデルの画像

イタリア生まれの人気スクーター・ピアッジオのベスパ。中でも1968年に発表されたPrimavera(プリマヴェーラ)は、1982年まで生産されたロングセラーモデル。この度、2014年より復活した現行モデルのうちスポーティーバージョン「Primavera S 150 ABS」の125ccタイプが新たに発売となりました。

より環境性能・燃費性能に優れるのはもちろんのこと、最大の魅力はその鮮烈なオレンジのカラーリング。それではそのこだわりのディテールを見ていきましょう。

10月10日より発売となったばかりの「Primavera S 125 ABS Special Edition」(47万8500円)。全身を包む専用カラー “サンセットオレンジ” のペイントは、新鮮さとともに、どこかレトロな雰囲気も感じさせ、1976年発表のベスパ「ET3」の再来といった印象です。

アクセントとして各所にダークグレーのパーツが用いられており、通称 “ネクタイ” と呼ばれる、フロントステアリングコラムカバーもグレーで強調され、よりネクタイが際立つデザインに。

その他、ホイールやレッグシールドエッジ、ヘッドライトリム、テールライトリム、サイドストライプなど要所要所にダークグレーが用いられ、まるでファッション上級者といったスタイリング。ブラックのシートにはよくみるとオレンジのステッチが施されており、強いこだわりを感じさせるディテールになっています。

最新の空冷単気筒4ストローク125 cc i-getエンジンは、静かでスムーズな乗り心地とともにクリーンな燃費を実現。ホイールは5スポークデザインの12インチアルミ製キャストホイールで、あらゆる道路状況に対応し、フロントにはABSも装備されています。

スマホなどの充電に使えるUSB充電ポートやイモビライザーも装備するなど利便性も◎。ちょっとした外出でも楽しく演出してくれそうな一台です。

>> Vespa「Primavera S 125 ABS Special Edition」

 

[関連記事]
伝説のバイクが蘇る!ベスパ史上最高のエンジンを搭載した「Sei Giorni エディションII」登場

思わずクセになりそう!?BMWとモト・グッツィはメカを語りたくなるバイクです

コレはカッコいいぞ!北欧発祥のハスクバーナはバイク界の最新“推しメン”です

(文/&GP編集部)