着けたまま汗だくOK、会話もOK!スポーツ向け完全ワイヤレスはこうでなくっちゃ

着けたまま汗だくOK、会話もOK!スポーツ向け完全ワイヤレスはこうでなくっちゃ

着けたまま汗だくOK、会話もOK!スポーツ向け完全ワイヤレスはこうでなくっちゃの画像

ラグビー、野球、サッカーと、連日連夜日本を沸かすスポーツが続いています。観るのもいいけど、せっかくのスポーツの秋だし、自分でも体を動かしてみようかなと、思いますよね。せっかく体を動かすなら、ノリノリの音楽をかけたり、自分の好きな音楽を流してテンションを上げていきたい! そうなってくれば防水仕様のイヤホンは必要。

JBLの人気スポーツイヤホン「REFLECT」シリーズから、完全ワイヤレスイヤホン「REFLECT FLOW」(1万2800円/税別)が発売されます。バリバリのスポーツマンも、これから始めてみようかな、という人にもオススメの防水機能搭載モデルです。

防水性能はIPX7と、水深1mの水中に30分入れておいても浸水しないレベル。これならスポーツで汗だくになっても、突然の雨でも大丈夫です。

また約2時間の充電で連続約10時間のワイヤレス再生が可能。充電ケースに収納すればプラス約20時間の再生が可能となり、本体と合わせて最大約30時間のワイヤレス再生ができるロングライフバッテリー仕様になています。しかも約10分の充電で最大約1時間の再生が可能になる急速充電にも対応。

音楽を聴きながらのランニングでは、安全対策として周囲の音を聞くのも大事です。「REFLECT FLOW」は屋外で周囲の音を聞きやすくする “アンビエントアウェア機能” を搭載しているので、車の音や自転車のベル音などもバッチリ聞き取れます。運動中以外でも、電車の車内放送や駅構内の放送なども音楽を聴いたままでも聞き漏らすことはありません。

また、イヤホンを外さずに会話もできるトークスルー機能も搭載。イヤーピース本体のボタンを1回押すことで音楽の音量が下がり、外の音が聞こえる状態での会話を可能に。右イヤーピース本体のボタンを2回押せばハンズフリー通話や、Siriなどのボイスアシスタントも使えます。

もちろん音質もバッチリ。ダイナミック5.8mm径ドライバーでパワフルな深みのあるJBLサウンドを楽しめます。カラーはブラック、ブルー、グリーン、ティールの全4色。ブラックとティールは10月25日、ブルーとグリーンは11月1日の発売です。

スポーツにはもちろんですが、通勤通学、旅行など、さまざまなシーンで活躍間違いなしです。

>> JBL

 

[関連記事]
Beatsの完全ワイヤレス「Powerbeats Pro」はAirPodsのスポーツ特化ver.だ!【イヤホンレビュー】

防災にもスポーツ観戦にも!FMチューナー内蔵イヤホンの実力がスゴい?

タフに使えそうなスポーツ用イヤホンをトレーニングのお供に!?

(文/&GP編集部)