タープも兼ねるワンポールテントが超開放的!

タープも兼ねるワンポールテントが超開放的!

タープも兼ねるワンポールテントが超開放的!の画像

夏フェスやキャンプで見かけることが増えてきた、ワンポールタイプのテント。ちょっとラグジュアリーな雰囲気に、気になっている人も多いのではないでしょうか?

ビーズから発売された「ヤドカリテント」(実勢価格:5万2500円/税別)は、2ルームあるワンポールテント。テントを立てるだけでタープスペースまで確保できる、オールシーズン使えるテントです。

「ヤドカリテント」の特徴のひとつは、カンタンに立てられること。ペグを8箇所打ち込み、メインポールを差し込むだけで完成します。

2ルーム構造なので、ひとつのテントでリビングと寝室が確保できます。別でタープを準備する必要がないので、短時間で設営できるのが何よりうれしいですね。別売りのポールで、パネルを大きく跳ね上げられるので、開放的にアウトドア気分を味わえます。

インナーテントは、横幅420cmのワイド仕様。4〜5人ならゆったりと空間を使え、最大6人が寝られる広さが魅力です。素材に使われているのはポリコットン(ポリエステルとコットンの混紡)。吸湿性と通気性が高い素材です。そのため夏は涼しく、一方で熱を逃しにくい繊維構造により冬は暖かく過ごせます。

雨風の侵入を軽減したり、プライバシーを確保したりするためには、サイドウォールはマストですよね。「ヤドカリテント」ももちろん、フロントのパネルにサイドウォールを備えています。使わない時は、テント内側に巻き上げておきましょう。

加えて、3方向からアクセスができるDドアを配置しています。開け放てばインナーテント内に風が通り、日中でも熱が籠もらず涼しく過ごせます。ドアはメッシュにも切り替えられるので、虫が心配なら閉めておきましょう。

夏涼しく、冬暖かく、しかも見た目のインパクトも大きいワンポールテント。キャンプ場で存在感を出したいなら、「ヤドカリテント」もアリですよ。

>> DOD「ヤドカリテント」

 

[関連記事]
差し色のレッドがにくいBRIEFING×muracoコラボテント?
家族4人が余裕で寝られる!高強度高コスパの新型テントです
大人気テント“アメド”と新製品シェルターのセットが登場!これお得すぎる!

(文/&GP編集部)