東急ハンズで謎すぎるバッグを見つけて衝動買い!

東急ハンズで謎すぎるバッグを見つけて衝動買い!

東急ハンズで謎すぎるバッグを見つけて衝動買い!の画像

みなさん、いわゆる「お土産バッグ」というものをご存知でしょうか? 空港などで売っている「旅行カバンに入りきらないお土産を入れるサブバッグ」です。

そう、今回紹介するのは、そんな「お土産バッグ」。空の旅に慣れている人なら、ひと目で分かるアイテムですが、飛行機での旅行経験が少ない筆者は、「キャスター付きお土産バッグ」は初見だったため嬉々として衝動買いしてしまったのであります。その顛末と、キャスター付きお土産バッグの有用性を紹介したいと思います!

事の発端は、11月に旅行に出かける予定があるため、便利なポーチはないかと東急ハンズに訪れたこと。吊り下げられるフック付きポーチ、そのまま洗濯できるメッシュポーチなどを物色していたところ、ハンズの隅の隅に得体の知れない商品を見つけてしまったのです。

「売る気ないでしょ!」というくらい端に追いやられた商品が気になり、手に取ってみるとキャスター付きと書いているではありませんか。「こんなブルーシート生地のバッグにキャスター付きだと!?」と衝撃を受け、買うしかないと決心したのでした。

購入したのは、TCCという会社の「ポーターバッグ(キャスター付き)」(1500円/税別)という商品。失敗してもいいかと思える1500円という価格が、購入を後押ししたのは間違いありません。

このバッグが「お土産バッグ」だと知らないため、東急ハンズを出た後「面白いもの見つけた!」とテンション高めに、写真付きで妻に報告(仲良し)。すると「沖縄で見たことある。空港で売ってるお土産用のバッグみたい」との返信が。一瞬ですべてを理解し絶望の淵に落とされたのでした…。

とはいえ、初見で興味を引かれたのは事実。その理由のひとつが、素材。ブルーシートなどに見られるポリエチレン織り生地のバッグが好きで、同じような素材が使われているIKEAのショッピングバッグ「フラクタ」は各種持っています。水にも強いしとても丈夫。そして低価格なので汚れや傷を気にせず使える点がお気に入り。コスパ的にも使いやすさ的にも、ぶっちゃけIKEAの「フラクタ」が最強バッグだと思っているほど、この素材のバッグに惹かれてしまうんです。

そんな好きすぎる素材のバッグに、キャスターが付いているなんて夢のよう(言い過ぎ)。しかも、簡易バッグのくせに生意気にも四輪ですよ! ホイール径は3センチと小さいですが、それぞれが360度回転するし、もうたまりません!

実際に荷物を入れて引いてみると、車輪は思っていた以上によく転がるのですが、少しハンドルが短く取り回しにくいかも…。このバッグにどこまで求めているんだって話ですが。とはいえ、キャスターが外側ギリギリに配置されているので、引いているときに傾くようなこともなく、意外と安定感があって好印象。

そして四輪なので、体の真横の位置で引ける点が◎。この引き方は四輪ならではのメリット。空港など床が滑らかな場所であればストレスなく取り回せそうです。

収納スペースは想像通り。完全に袋です。でもバッグのサイズがW41×H57×D20センチと大きいので、たくさん荷物が入ります。耐荷重は約10kgで、お土産をいっぱい買っても安心です。

旅行気分を盛り上げるフロントデザインの中に、名前を書くスペースを発見。荷物の取り違いは怖いですからねぇ。でも、ここに名前書く人いるのかな…。

大容量でキャスター付きにも関わらず、コンパクトになるので持ち運びに便利。さすがは旅行のサブバッグです。また、旅行はもちろんですが、アウトレットなどガチで買い物をするときや、スーパーで買いだめするときなどにも使えるのではないでしょうか。

このサブバッグがあれば、普段使っている仕事カバンで出張にも行けそうです。しかも、このバッグを引いていれば旅行帰りに見えるので、荷物が多くても恥ずかしくないというか、堂々と電車に乗れるのでは。よほどの満員電車でない限り、大きなキャリーケースを持った明らかに旅行帰りの人を見ると、「旅行いいな〜、楽しかったんだろうな〜」と穏やかな気持ちになるのは自分だけでしょうか? もしかして疲れてるのかな…。
*  *  *
そんなこんなで購入したお土産バッグ。存在を知らなかった人には「こんなバッグがあるんだ!」と、同じような気持ちになってもらえたのではないでしょうか。安くて丈夫で使いやすいから、アウトドアやスポーツ用品の運搬にも便利だと思います。今後は撮影商品の搬入・搬出に、草野球の道具入れに、子どもと公園で遊ぶ際のレジャー用品の運搬に活用する予定です!

 

[関連記事]
防水ポーチにハンドルが付くだけでここまで便利になるのか!

パッカブルにすればサコッシュサイズに。「カーゴハウラーダッフル」は4~5泊のひとり旅にぴったりなバックパックでした

運動会にも出張にも!ユニクロのショルダーバッグが万能すぎる

(取材・文/津田昌宏)