前後左右、車内も録画できればもはや死角なし

前後左右、車内も録画できればもはや死角なし

前後左右、車内も録画できればもはや死角なしの画像

ニュースを見ていると本当にさまざまな運転中のトラブルが発生していますよね。いつどんなトラブルに巻き込まれるかは予測不能なわけですから、ドラレコもなるべく死角ナシなものを付けておくと一層安心です。今回紹介するドラレコは、前方だけでなく、後方、左右、そして車内までしっかり記録できる、まさに死角ナシなドラレコなんです。

ダイアモンドヘッドより新発売の「OVERTIME 360度カメラ搭載リアカメラ付き ドライブレコーダー OT-DR360S」(市場想定価格:1万3000円前後)は、リアカメラ付きのタッチパネル式ドラレコ。

フロントカメラは、視野角360度で撮影可能なので、前方だけでなく、左右や車内のトラブルもしっかりと記録。画素数は300万画素と高画質。マイク内蔵で音声も記録できます。

リアカメラは30万画素で視野角90度を撮影。もちろんリアカメラ接続用ケーブルも同梱されています。

こうして撮影された映像は、タッチ式の3インチ液晶ディスプレイに表示。4種類の録画モードで、画面をスライドさせて動かせます。サイズは幅9.3cm、高さ6.32cmほど。コンパクトで視界を妨げないのも利点です。

録画はエンジンと連動して自動で開始&停止されるので、うっかり録画し忘れ、ということもありません。対応メディアは128GBまでのMicroSDカード(別売)。容量がいっぱいになると自動的に上書き録画されるサイクル録画方式を採用。G(加速度)センサーも搭載しており、車体に衝撃が加わった際には、録画中ファイルを上書きされないよう、専用フォルダに保存してくれます。

車の周囲はもちろんですが、運転席に座った自分自身の身にトラブルが降りかかるケースもありますので、車内も記録できていると万が一の際にしっかりとした証拠に。この死角ナシのドラレコがあればより安心してドライブを楽しめますよ。

>> ダイアモンドヘッド

 

[関連記事]
危険な運転を瞬時に察知!ドラレコ機能も付いてます?

小さいサイズでも安心!ドラレコに必要な機能は全部揃っているから頼りになります

これ便利!愛車のバックカメラがそのままドライブレコーダーに

(文/&GP編集部)