たしかにハンディ掃除機ってライトセイバーっぽい!

たしかにハンディ掃除機ってライトセイバーっぽい!

たしかにハンディ掃除機ってライトセイバーっぽい!の画像

片手で持てるコードレスのハンディ掃除機。一見すると映画『スター・ウォーズ』に出てくる武器?“ライトセイバー” に似ています。そう思ったのが要因かどうかはわかりませんが、12月20日に封切られる最新作に合わせて、Shark(シャーク)から「EVOPOWER Star Wars Limited Edition」(市場想定価格:約2万1000円/税別)が数量限定で発売されます。

2018年9月に日本での発売を開始し、以来根強い人気を誇るコードレスハンディクリーナー「EVOPOWER」シリーズ。今回登場したのは、今年2月に発売し好評だった、日本の伝統工芸とコラボレーションした美しいモデル「現川様式四季点描 十四代横石臥牛筆」に続く、限定版のコラボレーションモデル第2弾となります。

「EVOPOWER Star Wars Limited Edition」は、2019年12月20日に日米同時公開される『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に登場するキャラクターをモチーフにしています。

デザインは3種類で、いずれも最新作に登場するキャラクター「カイロ・レン」「C-3PO」「BB-8」にインスピレーションを受けて開発したもの。『スター・ウォーズ』ファンのエンジニアとデザイナーたちが細部にまでこだわりデザインをしたそうです。

各キャラクターのカラーリングを参考に作られており、「カイロ・レン」モデルは黒がメインで赤を差し色として使用。「C-3PO」モデルは輝くような金色を全面に使っています。「BB-8」モデルは白をメインとしており、オレンジ色の特徴的な模様が入っています。もちろん、「EVOPOWER」シリーズのメリットはそのまま引き継いでいます。

まず、どこにでも置けてさっと使えるのが大きな魅力。コードレスのハンディクリーナーなので場所を取りません。スリムで持ちやすく、ファッショナブルなデザインのため、インテリアとしても映えます。

そして、本体はコンパクトですが、スティック型掃除機と同等のモーターを使っているため、ゴミをパワフルに吸い取れます。バッテリーは着脱式なので、予備のバッテリーを充電しておけば、万が一電池切れが起きてもすぐ掃除を再開可能です。

お手入れも簡単。ダストカップのゴミは手で触れなくても、ワンタッチで捨てられますし、ダストカップとフィルターは取り外して水洗いが可能です。このように掃除機本体をきれいな状態に保ちやすい工夫が施されています。

12月3日より公式オンラインストアで予約が開始されます。あなたの快適なお掃除ライフが、フォースとともにあらんことを祈ります。

>> Shark
(C) & TM Lucasfilm. Ltd
 

[関連記事]
ハンディだけど床掃除もOK。Sharkの進化が止まらない!?

日米の技術と伝統がコラボ。全米No.1クリーナー「Shark」が日本の四季を纏って登場?

話題のSharkからスティック、ハンディに続いてロボット掃除機も登場!

(文/&GP編集部)