動くドット絵が作れる!じゃあ音は?実はこれBluetoothスピーカーなんです

動くドット絵が作れる!じゃあ音は?実はこれBluetoothスピーカーなんです

動くドット絵が作れる!じゃあ音は?実はこれBluetoothスピーカーなんですの画像

レトロな雰囲気が安心感と懐かしさを醸し出す?“ドット絵” は、現在も廃れることなく多くのジャンルで使用されています。今回紹介するスピーカーは、このドット絵を作成&表示できる機能を搭載。音だけでなく目で見ても楽しめるなんて…何だかすごくイイ感じ!

オーディオブランド・Divoom(ディブーム)の「DITOO」(1万1000円)は、レトロPCのようなルックスにさまざまな機能を搭載した?“ピクセルアート” スピーカーです。

256灯(16×16)のLEDパネルで、時刻やカレンダー表示、スケジュール管理などを行える他、アラーム機能や音声メモ、ピクセルゲーム(テトリスやダイスなど全4種類)、SNS通知など多彩な機能を搭載。さらに専用アプリ「Divoom smart」を使うことで、クラウド上に登録されている種類豊富なピクセルアートを表示させたり、自分でオリジナルのピクセルアート・アニメーションを作成・保存したりできます。

メイン機能であるスピーカーもなかなかのハイスペック。45mmフルレンジ・10Wの無指向性スピーカーを搭載し、最新のDSPチップとパッシブサブウーファーが高域から低域までハイクオリティな音質を表現します。

Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続で、スマホ等のサウンドデータを再生でき、microSDスロット搭載によりスピーカー単体でも音楽を楽しめます(microSDは64GB対応)。また、専用アプリにはインターネットラジオ局がプリセットされているので、スマホ経由で世界のラジオも聴けます。

3000mAh/3.7Vのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、約4時間のフル充電で約8時間の連続再生が可能(充電専用のUSB Type-Cケーブルが付属します)。外寸はW90×H121×D114mmで、重さは505g。カラーバリエーションはホワイト/ブラック/ピンク/ブルー/グリーンの全5色展開です。

カワイイという表現がピッタリのルックスに多彩な機能、スピーカー自体もハイスペックと見所たっぷりの「DITOO」。自分用はもちろん、間もなくやってくるクリスマスプレゼントにも最適のアイテムとなりそうですね。WiseTech公式サイトなどで発売中です。

>> WiseTech

 

[関連記事]
家具?スピーカー?充電器?こんな3WAYテーブル欲しかった!?

Hi-Fiサウンドをポータブルで実現することを目指したワイヤレススピーカー?

京都が誇る名プロダクト「開花堂の茶筒」がBluetoothスピーカーに!??

(文/&GP編集部)