面倒な空気入れは電動ハンディポンプで手軽にしちゃおう!

面倒な空気入れは電動ハンディポンプで手軽にしちゃおう!

面倒な空気入れは電動ハンディポンプで手軽にしちゃおう!の画像

たまには自転車で買い物でも…と軽い気持ちでまたがってみたけど、いざ漕ぎ出したら思いのほかベダルが重い。あれ?と思って確認すれば案の定タイヤの空気が抜けていた、なんて結構ありますよね。たとえ乗らずとも、時間の経過とともに自然に抜けてしまうのがタイヤの空気。安全のためにもこまめにチェックするのが理想だけど、正直に言えばやっぱりちょっと面倒です。

だったら便利な道具に頼っちゃえばいいじゃない!というわけで紹介するのが、サンコーから発売中のハンディ電動エアコンプレッサー「カー・バイクエアポンプ」(7980円)。

自転車はもちろんクルマやバイクまで幅広く使える、手軽な空気圧チェッカー付き電動コンプレッサーです。

使い方はいたって簡単。付属のホースをタイヤに繋いで電源を入れ、モニター表示に従って空気圧を設定したら、あとはボタンを押すだけで自動でタイヤに空気が送られる仕組みです。

最大出力空気圧は145PSIまで設定でき、設定した空気圧になれば自動で止まるから入れすぎの心配も無用。タイヤに繋いで電源を入れるだけで空気圧チェックができるから、クルマやバイクのメンテナンスに便利です。

また自転車で使う場合も、英式・仏式それぞれの自転車用アダプターが付属しているので、ロードバイクやクロスバイク、さらにママチャリや子ども用自転車まで幅広く対応。ボールや浮き輪、風船などを膨らませるアダプターも付いているから、家庭にひとつあれば幅広い場面で活躍してくれそうです。

容量1000mAh/11.1Vのバッテリーを内蔵したUSB充電式で、非常時にはモバイルバッテリーとしての使用も可能。早朝や夕方、ガレージの中など暗い場所での作業に便利なLEDライトも付いています。

>> サンコー

 

[関連記事]
自転車もボールも浮き輪も電動空気入れがあればラクできますよ
壁の穴あけにタイヤの空気入れもOK!マルチに活躍するコードレス電動工具

タイヤの空気が心配?小さな電動コンプレッサーで解決だ

(文/&GP編集部)