真冬の底冷えを征する男気な一足が今年もUGGから到着です!

真冬の底冷えを征する男気な一足が今年もUGGから到着です!

真冬の底冷えを征する男気な一足が今年もUGGから到着です!の画像

真冬向けのスニーカーとして思い浮かぶのは、やっぱり「UGG(アグ)」! 保温性の高いムートンブーツでウィメンズでブレイクしたブランドということもあり、“女子のモノ”というイメージがまだまだ強いかもしれません。でも実は、タフなメンズモデルだってしっかりリリース中!

そんなアグから、ビブラムソールを搭載したこの冬注目のタフモデル「MIWO TRAINER HIGH SIERRA(ミオ トレーナー ハイ シエラ)」が登場しました!

本作のアッパーは、スエードとフルグレインレザーのコンビネーション。そして特徴付けるポイントとなるのがカラーリングです。

シュータンとヒールにはシエラ柄のウールを採用して、ネイティブアメリカンな雰囲気に。さらに男心くすぐりポイントとして、アウトソールに自然な足の動きを促す「Vibram Sphike RGS(ビブラム スファイク RGS)」を採用! 男気があふれた一足となっています。

 

■天然ウールのフカフカな履き心地!

アッパーはレザーとスエードに天然ウールを組み合わせて構成。レザーは、天然皮革のきめの細やかな部分を厳選したフルグレインレザーを採用しているので、高級感も漂わせています。

UGGと言えばコレ! ライナーに天然ウールが貼られ、バツグンの保温性能を発揮します。

シュータンとヒール部分はネイティブアメリカンからインスパイアされた、カラフルなシエラ柄のウールを使用。ウェビングテープの革ヒモも雰囲気を引立てています。

アウトソールは自然な足の動きを促すビブラム スファイク RGSソールで、シューズとの一体感もバッチリ。
*  *  *
フカフカの天然ウールが暖かい! UGGと言えばやっぱりコレです。癒される〜。だけどソールはビブラムの男気仕様と、機能性のメリハリがハンパありません。強くて優しい、まさに理想の男像を表現した一足と言えるのでは!? 大げさですかね。

UGG
「Miwo Trainer High Sierra」(2万6400円)

>> アトモス ハラジュク

 

[関連記事]
厚底だけど実は軽い!2019年秋冬はUGGのコラボモデルで決まりでしょ!

ザ・ノース・フェイスの人気モデル「ヌプシ ブーティー」にGORE-TEX仕様が登場!

ミリタリーなアシックスタイガー「ゲルサガ」はダッドデビューにぴったり!

(写真/藤巻健治 取材・文/本間 新)