GoPro操作にナビ機能…トライアンフがなんか面白いの作ったぞ!

GoPro操作にナビ機能…トライアンフがなんか面白いの作ったぞ!

GoPro操作にナビ機能…トライアンフがなんか面白いの作ったぞ!の画像

バイクライフを充実させるために、スマホのマウントなどのアクセサリをDIYで装着している人も多いのでは? ラグジュアリーに仕上げたいなら、思い切って正規品をゲットするのも手です。

トライアンフから、多くのコネクティビティ機能を備えた「新MY TRIUMPH コネクティビティシステム」(4万5540円)が12月21日に発売されます。車両に装着すれば、GoProやナビの操作ができるほか、電話、音楽再生の操作もできるシステムで、まずは「Scrambler 1200 XC」「Scrambler 1200 XE」「Rocket 3 R」に装着が可能です。

注目すべき機能は、モーターサイクルでは世界初の内蔵型GoProコントロールシステム。車両に取り付けたTFTディスプレイにGoProを接続することで、走行時のあらゆる瞬間を記録できます。モード、動画撮影開始、停止、写真撮影、バッテリー残量なども表示され、ディスプレイと左手のスイッチキューブで直感的に操作できます。

Googleによるトライアンフ初のターンバイターンナビゲーションシステムも搭載。MyTriumphアプリ上でルートを選択して走行を開始すると、方向指示アイコンが表示され、 正確な方向指示が得られます。最大21もの目的地を必要に応じて追加することができ、簡単にルート設定や目的地検索を行えます。

また、スマホとBluetoothヘッドセットをペアリングすれば、スマホの操作が移動中でもスムーズに行えます。通話の発信や着信、SMSメッセージ通知などの電話機能のほか、音楽トラックの選択も、左手のスイッチキューブで操作できます。

時期を同じくして、無料でダウンロードできる「新 MyTriumph アプリ」が12月16日にリリース。これを使えば、走行ルートの記録や、走った後の走行サマリーの表示ができ、そのサマリーを仲間と共有できます。また、自分のトライアンフの走行距離や平均燃料消費量、次回の点検整備までの時間、距離などの情報も表示されます。

プレミアムオートバイメーカーらしい新システム、要チェックです!

>> TRIUMPH「新 MY TRIUMPH コネクティビティシステム 」

 

[関連記事]
「目的地はあっち方向」表示がイイ!矢印ナビで気ままにツーリング!?

前を向いたままスマホのナビを見られるって便利!

ナビにも盗難防止にもなるガーミンの最新“サイコン”

(文/&GP編集部)