ミリタリー感満点のSnugpak「SOFTIE ELITE 4」で冬キャンプでも暖か快眠!

ミリタリー感満点のSnugpak「SOFTIE ELITE 4」で冬キャンプでも暖か快眠!

ミリタリー感満点のSnugpak「SOFTIE ELITE 4」で冬キャンプでも暖か快眠!の画像

12月中旬の山梨県小菅村。奥多摩のさらに奥に位置する山の中、標高は約600mとさほど高くはないのですが、沢から吹き下ろしてくる冷たい風で、日中でも体の芯から寒くなります。

そんな場所での冬キャンプ。実はよくよく考えると、冬キャンプなんて10年以上ぶり。だから冬用のシュラフ(寝袋)なんて持ってない…。

どうしようかと思っていたら、&GPのニュース記事を思い出しました。

[関連記事]コスパ高っ!世界中のソルジャーが使うSnugpakの冬キャンプ向け新作寝袋

冬季登山用ではないのでコンパクトではなさそうですが、なんか多くの軍隊で採用されているってのが気になってました。

ということでお借りして試そうじゃないか。選んだのは暖かさで上から2番目の「ソフティーエリート4」。これでも快適温度-10℃。これは期待できそうです。

 

■足を入れた瞬間、暖かい!
ということで、さっそく寝てみます。外気温は、意外と落ちずに0℃ぐらい。でも朝にはもっと冷えるはず。

構造は一般的なマミー型と同じ。ただしかなりふかふかもこもこです。

そしてとにかく暖かいのなんのって。冬キャンプは下半身をいかに暖かくするかで快適さが変わります。そしてこのシュラフ、足を入れた瞬間から暖かい。そう、冬の寒い日にダウンジャケットを着た時のようなイメージです。

中綿はさすがに1万9500円(税別)という価格からも分かるように、ダウンではないのですが、Snugpak(スナグパック)独自の“SOFTIE(ソフティー)”というものが使われています。縮毛加工した超極細ポリエステル繊維を絡めて、天然ダウンに近い性能を実現しているとか。まぁよく膨らみます。しかもこれ洗濯機で洗ってもいいんだとか。

朝方は確実に氷点下になっていましたが、おかげで暖かくぐっすり眠れました。

ダウンシュラフで快適温度-10℃ぐらいのモノだと、4〜5万円はザラにするところ、この「ソフティーエリート4」なら税込でも2万1450円。さらに暖かい快適温度-15℃の「ソフティーエリート5」でも税込で2万3100円。丸めてもちょっとかさばりますが、オートキャンプならこれぐらいは問題なし。この暖かさでこの価格は、かなりいいかも。

そしてなにより、見た目にミリタリーなところがイイ! 3季用のシュラフにはカモフラ柄もあるみたいだし、もちろんそちらも高コスパ。シュラフ選びの際には、候補に入れてみてもいいかもしれませんよ。

>> Snugpak

 

[関連記事]
2秒は無理だけど約2分で設営!デカトロンの8990円テント悪くないぞ!

なにこれ超快適!冬キャンプで「こたつ」を作ってみた!

マルチに使えて高コスパ!激売れ中のユニフレーム「フィールドラック ブラック」【アウトドア銘品図鑑】

(取材・文/円道秀和<&GP> 写真/下城英悟)