機械式時計メーカーが挑むクオーツは秒針の動きが驚くほどなめらか!

機械式時計メーカーが挑むクオーツは秒針の動きが驚くほどなめらか!

機械式時計メーカーが挑むクオーツは秒針の動きが驚くほどなめらか!の画像

機械式時計とクオーツ式の時計の違いは秒針に表れやすく、カチカチと秒針が1秒毎に止まって進むタイプは?“ステップ運針” といい、クオーツ式の特徴です。一方でゼンマイを動力とする機械式時計の場合は、秒針がなめらかに動き?“スイープ運針”と呼ばれます。腕時計で時刻を確認する際も、秒針の動きがなめらかなため、気が散る心配もありません。

このたび発売となったトリフォグリオ イタリア「M8(エムエイト)」(2万8000円〜3万4000円/税別)は、クオーツ式でありながら、なめらかなスイープ運針を実現した腕時計。誕生時から一貫して機械式時計を生み出してきたブランドだけに、クオーツ式時計への挑戦が注目を浴びています。

クオーツ式ながらスイープ運針を実現している秘密はムーブメントにあります。世界で唯一、この技術を持っているセイコーのムーブメント「SEIKO Cal.VH31」を搭載しているからです。

これまで機械式時計にこだわってきたトリフォグリオ イタリアが、クオーツ式時計を誕生させた理由について、デザイナーのバルディエリは「時計ファンの間口を広げる」ためだと明かしています。

「機械式時計は手が届かない」「初心者にはハードルが高すぎる」「手頃な価格の機械式時計の場合は、故障やメンテナンスが心配」などの高級な機械式腕時計に対するイメージを払拭し、もっと手軽に腕時計を楽しんでもらうため、価格を抑えることのできるクオーツ式の開発に着手したのです。

また、「M8」にはトリフォグリオ イタリアの細部にやどるデザインへのこだわりが発揮されています。バウハウス風のミニマルな文字盤や、ドーム型のヘサライト風防のヴィンテージ感が一体となることで、ブランドの持ち味である「レトロ&モダン」の雰囲気を醸し出しています。個性的でありながら、ビジネス、カジュアルなどシーンを選ばない軽快さも持ち合わせていると言えます。

「M8」の種類は全部で3タイプ。マットな風合いが上品なヌバックレザーストラップ(2万8000円/税別)、ヌバックレザーストラップでNATOタイプ(3万円/税別)、ステンレスメッシュストラップ(3万4000円/税別)のラインアップとなっています。

機械式時計の雰囲気とクォーツウォッチのメンテナンス性の両方を兼ね備えた「M8」は、腕時計にこだわり始めた初心者にも、本格的なスペアが欲しい通好みにも最適なシリーズと言えるでしょう。

>> ガジェットジャパン「M8」

 

[関連記事]
都会的なのにクラシカルな雰囲気も漂う、大人の品格を上げる腕時計?

高級感溢れる「Gorilla」で、腕元からワンランク上の大人を演出

1本の針だけで時間を表現する最新鋭ダイバーズウォッチ

(文/&GP編集部)