独自の世界観を広げるニュースなG-SHOCK 5選【G-SHOCKの最新到達点】

独自の世界観を広げるニュースなG-SHOCK 5選【G-SHOCKの最新到達点】

独自の世界観を広げるニュースなG-SHOCK 5選【G-SHOCKの最新到達点】の画像

【特集】G-SHOCKの最新到達点
新たな素材や機能に注目が集まる一方で、話題性のあるコラボなど、G-SHOCKならではのカルチャーも健在。カラーリングやデザインに特徴があるモデルも次々とリリースされ、ハイエンドからローエンドまで、すべてのラインで独自の世界観を広げている。

1. FROGMANの真価を示す南極調査コラボモデル
カシオ
「G-SHOCK GWF-D1000ARR-1JR」(14万3000円)

第59次南極地域観測隊の共同利用研究で使用された、小型水中無人探査機(ROV)の航法用デバイスとして、東京海洋大学と共同開発。ISO規格200m潜水用防水、トリプルセンサーなど、「FROGMAN」ベースらしい潜水仕様の高度な機能を満載する。ケ ースサイズW53.3×H59.2mm。

FROGMANをベースしているだけに、防水性能などのスペックは格が違います。性能の高さだけでも惹かれるモデルです(時計ジャーナリスト・篠田さん)
 
2. スポーツシーンに映えるリフレクター搭載G-SQUAD
カシオ
(写真左)「G-SHOCK GBA-800LU-9JF」(1万9250円)
(写真右)「G-SHOCK GBD-800LU-1AJF」(1万5950円)

ワークアウトに役立つ機能を備えたスポーツライン「G-SQUAD」の新作モデル。夜間のランニングなどで目立つよう、バンド部分にリフレクターを配しているところが特徴。安全性とファッション性を巧みに融合している。いずれもW48.6×H54.1mm、20気圧防水。

最近のスポーツテイストのファッションの中にはリフレクターを配した服もあります。そうしたトレンドにも合っていますね(スタイリスト・小孫さん)
 
3. スペシャルカラーモデルは力強く鮮やかなレッドを採用
カシオ
(右上)「G-SHOCK AWG-M100SAR-1AJF」(2万6400円)
(左上)「G-SHOCK GA-700AR-1AJF」(1万8150円)
(右下)「G-SHOCK GAW-100AR-1AJF」(2万7500円)
(中下)「G-SHOCK GW-B5600AR-1JF」 (2万3100円)
(左下)「G-SHOCK GA-140AR-1AJF」 (1万5950円)

2019秋冬のテーマである「 Color(色)」「Material(素材)」「Finish(仕上げ)」から、Colorを象徴するスペシャルモデル。 G-SHOCKのイメージカラーともいうべき黒と鮮やかな赤のコンビネーションで、定番の5モデルに力強く新鮮なイメージを加えている。

ブラックと鮮やかなレッドは、秋冬のファッションによく似合うカラー。色使いのアクセントに使うのもアリです(スタイリスト・小孫さん)
 
4. 1990年代を思い出させる特別カラーが続々と登場
カシオ
(右)「G-SHOCK DW-5600THS-1JR」(1万7050円)
(中)「G-SHOCK GA-2100TH-1AJF」(1万5950円)
(左)「G-SHOCK?DW-5700THB-7JF」 (1万3200円)

1990年代のG-SHOCKやファッションをイメージしたのが「Throwback 1990s」シリーズ。ベーシックモデルをベースに、当時を彷彿とさせるカラーリングで懐かしくも新鮮なイメージを打ち出している。「DW-5600THS」には付け替え用クロスバンドが付属。
まさにG-SHOCKに熱狂的なブームが訪れた1990年代を象徴するようなデザイン。このカラーリングを見るだけで当時の思い出が蘇ります(時計ジャーナリスト・篠田さん)
 
5. 懐かしさと新鮮さが同居した鮮やかなスケルトンカラー
カシオ
(上)「G-SHOCKDW-5600SB-2JF」(1万3200円)
(中)「G-SHOCKDW-5600SB-4JF」(1万3200円)
(下)「G-SHOCKDW-5600SB-3JF」(1万3200円)

「DW-5600」のスクエアフェイスをベースに、半透明の樹脂素材を鮮やかにカラーリング。中身が透けて見える仕様と、ソリッドなデザイン、ビビッドな色合いという組み合わせの妙で、新鮮なイメージを与える。ケ ースサイズW42.8×H48.9mm。20気圧防水。

こちらも懐かしさを覚えるモデル。2000年前後のプロダクトで多く見られたスケルトン仕様が、今また、新鮮に見えますね(時計ジャーナリスト・篠田さん)
 

>>?【特集】G-SHOCKの最新到達点
本記事の内容はGoodsPress12月号102-103ページに掲載されています
 

[関連記事]
軽くてかっこよくて最高!一目惚れしたカーボン製G-SHOCKは買って間違いなしの時計です!

憧れの先輩がメタルケースのG-SHOCKを選んだ5つの理由?

スマホ連携型ですっごく便利なG-SHOCK 5選【2019年上半期まとめ】?

(取材・文/高橋 智 写真/江藤義典 スタイリング/小孫一希)