世界の都市がフルスペルで刻まれたセイコー ブライツ20周年記念モデル

世界の都市がフルスペルで刻まれたセイコー ブライツ20周年記念モデル

世界の都市がフルスペルで刻まれたセイコー ブライツ20周年記念モデルの画像

いまをさかのぼること20年前、当時高まるグローバル志向の機運を受けて、世界を舞台に活躍するビジネスパーソンに向けたウオッチブランドとして誕生した「セイコー ブライツ」。デビューから20周年となる2020年、アニバーサリーイヤーを祝した特別なコレクションが発表されました。

ブランド創設期のデザインにオマージュを捧げた「セイコー ブライツ 20周年記念限定モデル」(8万8000円〜16万5000円)、第一弾は2月8日より発売です。

その名に “BRIGHT(聡明で輝いている)” “Z(追求、 あり続けている)” のふたつの意味が込められたビジネスウオッチ「セイコー ブライツ」。2000年の誕生当時より同ブランドが開発テーマとして掲げてきたのは、「確かな基本性能と快適な使い心地」です。

ユーザーの個性を引き出すべく、デザインはあくまでシンプルでベーシック。その一方で、使い続けるほどに満足感の高まる優れた性能と使い心地は、セイコーが誇る先進技術と匠の技によってもたらされるものです。

今回発表された5つの記念モデルは、いずれもブランド創設期のデザインに対するオマージュがテーマとなっています。初期モデルに与えられていた「B」のロゴマークをりゅうずと秒針に復活(クロノグラフの「SAGA295」「SAGA297」ではストップウオッチ秒針を復活)、時刻表示を読み取りやすく精悍な印象のブラックダイヤルには、長きにわたって採用されてきた特徴的なアラビア数字を、立体的なインデックスで表現しています。

いずれのモデルも軽く耐食性に優れるチタンケースを採用。またシルバーモデルにはセイコー独自の表面加工技術 “ダイヤシールド” を施すなど、耐擦傷性にも配慮。ベゼル部分には都市コードをフルスペルで表示しており、直感的なボタン操作で簡単に時刻の確認ができるなど、記念モデルでありながらも高い実用性能を備えます。

秒針の先端や受信局表示部分には差し色のレッドをさりげなく効かせるなど、落ち着いたデザインの中に微かにのぞかせるスタイリッシュな感性も魅力。

2月8日に発売される「SAGA295」「SAGA297」(各16万5000円)は、ケース、ブレスレットともにチタンを採用したクロノグラフ。シルバーの「SAGA295」は1000本、ブラックモデルの「SAGA297」は700本の数量限定で、それぞれ付け替え用クロコダイルストラップが付属します。

また続いて5月15日に発売となるデュアルタイム表示機能搭載モデル「SAGA301」「SAGA303」(各12万1000円)は、それぞれ1000本の数量限定。同じく5月15日に発売される「SAGZ107」(8万8000円)は、視認性に優れたシンプルな構成が特徴で、こちらは1200本の数量限定となっています。

>> セイコー

 

[関連記事]
都会的なのにクラシカルな雰囲気も漂う、大人の品格を上げる腕時計
シティハンターのトリビア満載!SEIKO製だから品質も折り紙付き!

世界初のクオーツ誕生から50年!記念のセイコー アストロンはGPS付き!

(文/&GP編集部)