太陽神ヘリオスの名を冠するファッショナブルなソーラーウォッチ

太陽神ヘリオスの名を冠するファッショナブルなソーラーウォッチ

太陽神ヘリオスの名を冠するファッショナブルなソーラーウォッチの画像

「毎日使う腕時計は、なるべく手間のかからないものを選びたい」そんな人にとって、電池交換要らずで使い続けられるソーラーウォッチは確かに魅力的な選択肢。ただソーラーウォッチはその性質上、スポーティでカジュアルなデザインのものも多く、日々身につけるファッションに合わせようとすると、ちょっとテイストが合わせにくいんですよね。

もう少しモードな雰囲気の時計があればいいのに…なんて考えていたら、クラウドファンディング・Makuakeにてアート感あふれるソーラーウォッチを発見。大阪を中心に活躍するクリエイティブカンパニー、タイタン・アートが手がける「KLON HELIOS(クローン・ヘリオス)」(2万9700円〜 1月23日現在)、3月16日まで先行予約を受け付けています。

ギリシャ神話に登場する太陽の神にちなんで命名された「KLON HELIOS」は、電池交換不要、太陽光によって発電し駆動するクロノグラフ。

真っ先に目を引くのは、やはりこのアーティスティックな盤面ではないでしょうか。フェイスからはみ出すほど大胆に数字をあしらった「HIDE TIME」と、各数字の英語表記の頭文字をインデックス代わりに配置した「ALPHABET TIME」、どちらも目に入った瞬間「えっ?」と思わせ、一瞬ののち、ちょっとニヤリとさせられる、遊び心溢れるデザインです。

バンド部分は「HIDE TIME」「ALPHABET TIME」ともに、イタリアンカーフとステンレスメッシュからセレクト可能。個性の強いデザインではありますが、色使いをモノトーンに抑え、質感の高い素材を合わせたことでぐっと大人の表情に。強烈な個性を放ちつつも、シンプルにもドレッシーにも、カジュアルにも身につけられる仕上がりになっています。

またデザイン性の高いアイテムだからこそ、時計本来の機能を損なうことのないよう、心臓部の品質にもこだわりが。

ムーブメントにはセイコーエプソン社製のソーラークロノグラフ「VR43A」を、筐体には「SUS316L」と呼ばれる高級ステンレススティールをそれぞれ採用。利き手を問わず使いやすいよう配置されたりゅうず位置、夜間に便利なルミナスライトやパワーリザーブ表示など、実用性もしっかり備えます。

なお Makuakeでは「KLON HELIOS」単体販売以外に、「KLON HELIOS」と同ブランドのクオーツ時計との2本セット(3万9600円/1月23日現在)や、「KLON HELIOS」とバッグとのセット(4万9600円/同)もラインナップ。リターンの発送は6月末を予定しています。

>> Makuake

 

[関連記事]
秒針が縫い針!テーラーが監修したスーツに似合うソーラー電波時計
どの色選ぶ? “ツナ缶”ベースのソーラーデジタルウオッチ

薄くてソーラーでスマホ連携!カシオ「エディフィス」新モデルは高コスパ!

(文/&GP編集部)