バッグに付けておきたくなる変わり種カラビナ5選

バッグに付けておきたくなる変わり種カラビナ5選

バッグに付けておきたくなる変わり種カラビナ5選の画像

引っ掛けやすく外しづらい。金属製でリング状になっているカラビナは主に登山で使用されるギアですが、その機能性から、何かを引っ掛ける用途で普段使いしやすいモノも数多く作られています(登山用とは耐久性や強度が弱いので注意)。

その見た目からアウトドア感やギア感あふれるカラビナですが、何かに引っ掛けやすいという利点は、実は身の回りにあるととても便利です。そんな、日常で便利に使えるアイデアあふれるカラビナを5点ご紹介します。

 

1. 小型軽量で両側フック!

S字状で両側がカラビナのような構造になっているナイトアイズの「S-BINER #0」。本体部分はプラスチック製なので強度はさほどありませんが、小ささとわずか1gという軽さがポイント。また引っ掛ける箇所の両方を別々に引っ掛けられるので、片側だけ外したいという時にも便利です。頻繁に付け外しを行いたいモノに使いたい、超小型カラビナです。

>> 超小型カラビナだからこそ利用シーンが広がります

 
2. リールはかなり重宝するぞ!

こちらは引っ張ると伸びて手を離すと引っ込むリールに大きなカラビナを付けたカタチのROOT「GRAVITY MAG REEL 360」。カラビナ部分は大きくなっているので、ズボンのベルトループやアウトドアリュックなどに引っ掛けやすくなっています。リール先端のリングにぶら下げたモノを、使う時だけ引っ張って手もとに引き寄せられるので、スマホや財布などを付けておくと便利ですね。

>> ギア感満点のリール付きカラビナは日常でも使いたくなる!

 
3. フックのようにも使える!

いわゆる一般的なカラビナのカタチをしているけど、さらにひと工夫加えているのが「HEROCLIP」です。カラビナ部分の大きい曲線側の外側にあるのは実はフックで、カラビナ部分から離すと、縦にも横にも180度クルッと回転させられるようになっています。弧を描いたカタチで、かつ先端にはゴムが付いているので、そのままどこかに掛けておくフックとして使い、カラビナには引っ掛けておきたいモノを通せば、片側がカラビナのS字フックのように使えます。サイズは3サイズあり、最大で耐荷重が27kgと強度もなかなかです。

>> バッグにひとつぶら下げておきたい。フックにもなる多機能カラビナ

 
4. 飲む時はパチッと取り外し!

プラスチック製のカラビナにストラップが付いていて、その先端にはサスマタのような金属製のパーツが。これはペットボトルの首部分に取り付けられる、その名も「カラビナ・ペットボトルホルダーS」。ストラップはパチパチと取り外しが簡単なスナップオンパーツでふたつに分かれるので、飲みたい時に外しやすくなっています。サイドポケットがないリュックにこれを付けておけば、ペットボトルの持ち運びに便利ですね。

>> マジ便利!ペットボトルはポップなカラビナに引っかけておこう

 
5. カラビナ×マルチツール!

カラビナの利点といえば、常に付けておけること。バッグの内部に引っ掛けてぶら下げておけば、見た目にも問題なし。そんなカラビナが多機能だったらいいかも…。そんな願望に応えてくれるのが、マルチツールのようなカラビナ「GPカラビナ」です。栓抜きやダンボールカッター、さらにプラスとマイナスのドライバーなど、まさにマルチツールらしい機能を持っていて、日常のいざという時に助けてくれます。Makuakeでは支援募集は終了していますが、CAMPFIREではまだ支援募集中です(2月11日現在)。

>> 8つのツールが1つに!カラビナってこんなに便利だったんだ!

 

[関連記事]
思わず二度見!ギミック満載の超個性派腕時計5選

アイデア構造や発想の転換も!使い勝手の良いミニ財布5選

美しくてタフで汎用性あり!長く使える焚き火道具5選【2019年まとめG】

(文/&GP編集部)