オールドスタイルと最新テクノロジーが融合したボール ウォッチ新作ダイバーズ

オールドスタイルと最新テクノロジーが融合したボール ウォッチ新作ダイバーズ

オールドスタイルと最新テクノロジーが融合したボール ウォッチ新作ダイバーズの画像

このクラシックなルックスがたまりません! ボール ウォッチ・ジャパンから登場した「Engineer MasterU Series Skindiver Heritage(エンジニアマスターU スキンダイバー ヘリテージ)」(21万円/税別)は、1962年製「BALL スキンダイバー」オリジナルの復刻モデル。60年代らしいクラシックなデザインながら、本格的な潜水に耐える性能を備えたダイバーズウォッチです。

ボール ウォッチ「Engineer MasterU」シリーズは、プロユースに耐える強靭さと高い性能、優れた操作性をコンセプトとして展開する実力派ダイバーズウォッチ。「Skindiver Heritage」は、1962年発表のダイバーズウォッチ「BALL スキンダイバー」をルーツとする復刻モデルの第4弾にあたるもの。

ダイビングスケールのついた逆回転防止ベゼル、マットブラックのダイアルに配置したバーインデックス、存在感のある太めの針など、ディティールには1960年代のエッセンスがたっぷり詰まっています。

一方、ベゼルのトップ表面と裏蓋には、耐久性と耐傷性に優れたサファイアガラスを採用。耐久性に優れたステンレススチールケースにねじ込み式の裏蓋とりゅうずをセットすることで200mの防水性能を確保。さらに5,000Gsの耐衝撃性、自発光マイクロ・ガスライトによる暗所での視認性など、現代のダイバーズウォッチとして求められる高い性能と操作性を備えます。

ムーブメントには約38時間のパワーリザーブを備えた自動巻 BALL キャリバーRR1102を搭載。精緻なムーブメントの鼓動は、シースルーバックを通じて視覚的にも楽しめます。オールドスタイルのデザインと最新テクノロジーを同時に味わえる、満足度の高い1本です。

>> ボール ウォッチ・ジャパン

 

[関連記事]
あらゆるフィールドで高パフォーマンスを発揮する最新「ボール ウォッチ」の実力?

見よ職人技を!漆芸・白檀塗が施された本格機械式時計登場

ボール ウォッチの培った技術が1本に。耐衝撃性が進化した「エンジニアIII」?

(文/&GP編集部)