賃貸物件でも壁を傷つけずにおしゃれな壁面収納スペースが作れるぞ!

賃貸物件でも壁を傷つけずにおしゃれな壁面収納スペースが作れるぞ!

賃貸物件でも壁を傷つけずにおしゃれな壁面収納スペースが作れるぞ!の画像

春の新生活を控えて物件探しの佳境に入っている人、きっと多いですよね。立地も家賃も条件通り、周辺環境も申し分なし。広さも間取りも悪くないんだけれど「この位置に目隠しになるものがあれば」「ここに収納があったら」なんて思うこと、結構ありますよね。ちょっとした間仕切りや棚くらいDIYで作ってしまいたいところだけれど、そこはいかんせん賃貸物件。釘やネジを使って手を加えるとなると、今度は退去時の原状回復が難しくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、工具不要&壁や天井を傷めず壁面収納が作れるハーフDIYキット、DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)の「STEELY」シリーズ。好評の「2レッグシェルフ」がさらに自由に進化した新製品「2レッグウォール」(参考価格:7400円/税別)「2レッグペグウォール」(参考価格:8000円/税別)をご紹介します。

最初に仕組みを簡単に説明すると、「2レッグウォール」「2レッグペグウォール」ともに、中心となるのは直径25mmのスチールパイプ製ポール2本。組み上げた2本のポールをそれぞれ天井と床とに縦方向に突っ張らせて設置、このポールの間に市販の木材を渡したり、あるいは有孔ボードを固定することで、天井や壁を傷めることなく空間を仕切ったり、ちょっとした収納を作れるのです。

対応できる天井高は221〜301cmで、ポール間の距離は任意で設定可能。いずれもキットとして同梱されているのはポールや設置用パーツ、接続用の金具などで、棚として使う木材や有孔ボードは各ユーザーが別途購入するようになっています。

使いたいサイズに合わせたカット材を買ってきてもいいし、部屋のスペースをしっかり測ってホームセンターで切ってくればちょっとしたセミオーダーメイド感覚、気になるデッドスペースも無駄なく利用できます。

「2レッグシェルフ」「2レッグウォール」「2レッグペグウォール」のパーツは各互換性があるので、それぞれを組み合わせて自分好みの収納を作るのも実用的だし、部屋の雰囲気に合わせて素材を選んだり、塗り替えてもおしゃれです。

特に転勤・転居の多い人なら、引越すたびに新しい部屋に合わせて組み合わせられる点は大きな魅力になりそう。

>> DOPPELGANGER

 

[関連記事]
無骨なイメージを裏切るコードレスドライバーでDIYをポップに!
センスがあればオシャレな部屋に!一風変わった収納ホルダーが登場です

USB充電可能なペン型電動ドライバーで楽ちんDIYだ

(文/&GP編集部)