N国、長野県選挙区参院補選で「松本サリン事件」を揶揄する政見放送。迷惑行為がウケると勘違いしただけの集団に選挙を愚弄させてはいけない

N国、長野県選挙区参院補選で「松本サリン事件」を揶揄する政見放送。迷惑行為がウケると勘違いしただけの集団に選挙を愚弄させてはいけない

神谷幸太郎候補 政見放送(You Tubeより)

 まさに今週、北海道2区で衆院補選、長野県と広島県で参院補選が行われているのだが、それぞれの選挙区に「NHK受信料を支払わない方法を教える党(旧・NHKから国民を守る党)」が候補者を擁立している。

 選挙情勢を見るまでもなく、支持率が0.0%になることも珍しくない政党なので、これらの選挙でN国党の候補者が当選する確率は、オレンジを紙袋いっぱいに詰め込んで歩いていた広瀬すずちゃんが、うっかり坂道でオレンジをぶち撒き、コロコロと転がるオレンジを一緒に追いかけたことをキッカケに、小汚いオッサンである私と恋に落ちるというトレンディードラマ顔負けの設定がリアルで起こる確率よりも低いのだが、もし彼らに投票をすれば、たとえ当選をしなくても、その1票が次の衆院選や参院選では「政党交付金」に換わってしまうので、くれぐれもご注意いただきたい。

 そんな中、新型コロナウイルスが原因でお亡くなりになった羽田雄一郎さんの弔い選挙となっている参院選の長野県選挙区で、N国党が前代未聞の不祥事を起こしている。深刻なのは、このシャレにならない不祥事を起こしたのが、現役の「立川市議会議員」だということである。

◆「松本サリン事件」を笑いモノにする政見放送

 不祥事を起こしたのは、N国党の「広報部長」だという立川市議の久保田学である。普段は「横山緑」という芸名で「ニコ生主(ニコニコ動画で配信をする人)」をしているのだが、2018年6月の立川市議選で、居住実態が非常に怪しいにもかかわらず当選。居住実態の問題に言及した私を立花孝志とともに名誉毀損を主張して訴えてきたが、地裁でも高裁でも「スラップ裁判」と認定され、最終的に原告である久保田学が被告である私に約94万円を支払うように命じる判決が言い渡されている。それでも市議や市民が追及しなかったため、今も現役の立川市議として活動している男である。

 久保田学は、参院補選・長野県選挙区の政見放送(NHKラジオ版)で、立候補している神谷幸太郎の代打として出演。この政見放送は、このような形で始まる。

「どうも、長野県のリスナーの皆さん、おはこんばんにちは。今回、参議院長野県選挙区から立候補する予定の神谷幸太郎は、残念ながら、ここには来ておりません。神谷幸太郎候補者が長野に行くのが遠いからという理由で来れなくなったので、私、立花孝志の手下の横山緑がお伝えいたします。紹介が遅れました。私の名は、N国党の広報部長のホーリーネーム・横山緑と申します。けっして怪しいものではありません。まず、そこのラジオの前の奥さん。この横山緑の声が不快だったり、気持ち悪いと思ったら、すぐにNHKのラジオのコンセントを引っこ抜いて、ポアしてもらっても構いません」

 長野県では、1994年に「松本サリン事件」が起こり、8人が死亡、600人近くが被害を受けた。戦争を除き、化学兵器を使って一般市民が無差別に殺されたのは世界初であり、今も凄惨な記憶として人々の心に刻まれている。そんな長野県で「ホーリーネーム」や「ポア」といった「オウム真理教」が使っていた独特の言葉を用い、ふざけた政見放送を展開したのが久保田学であり、NHK受信料を支払わない方法を教える党なのである。

 忘れてはならないのは、これをやっているのが「国政政党」であり、それだけでなく、「現職の地方議員」だという点である。どこかの一般ピープルが中二病をこじらせてやった話ではないのだ。

◆迷惑がウケると勘違いした参院選の成功体験

 なぜ市民が殺され、多くの人が今も苦しんでいる長野県で、わざわざ「オウム真理教」をネタにした政見放送をするのか。それは、人に迷惑をかけることを楽しいと思える「炎上系YouTuber」と同じ精神構造だからだ。

 社会常識があれば、被害者が聞いているかもしれない長野県の政見放送でオウム真理教をネタにすることなどないはずだ。たとえ居酒屋の会話でオウム真理教をネタに笑うことがあっても、政見放送でネタにするようなことは絶対にない。しかし、彼らには「社会常識」というものは一切ない。そんなものがあったら、今頃、うだつの上がらない生活からの一発逆転を狙ってN国党なんぞに入っていないのである。ただ、こうした社会常識の欠如が、勝手にプラスのものと解釈され、うっかり1議席を獲得してしまったのが、2019年の参院選である。

 この選挙では、立花孝志をはじめ、多くの党員たちがふざけた政見放送を展開した。しかし、「こう見えて本当は、NHKの受信料問題で苦しむ被害者を助けている」とか「こう見えて本当は、NHKを内部告発をする正義感溢れるNHK職員だった」とか、「こう見えて本当は」の幻を見せられた人たちが期待をして、NHKから国民を守る党を国政政党にまで押し上げてしまった。実際は「こう見えて本当は」などということはなく、単なる「おふざけ反知性派カルト集団」だったというオチである。

 今回の参院補選でも、ふざけた政見放送をすることで、「こう見えて本当は」の効果を狙い、新たな支持者を獲得しようとしている。しかし、これで集まってくる支持者は、オウム真理教のネタを見て「面白い」と感じるような社会常識の欠如した人間たちである。まともな有権者は相手にしようともしないが、まともでない有権者はN国党を面白がるのだ。だから、N国党はますます巨大な「反知性派カルト集団」に膨れ上がっている。

◆供託金300万円を払ってやりたいこと

 N国党の候補者が参院補選で当選する確率は、前述の通り。当選しないどころか、供託金すら返還されないレベルで、300万円の没収は免れないことだろう。

 どうして300万円を没収されるとわかっていながら、あえて衆院補選や参院補選に立候補してくるのか。それは、ふざけた政見放送をお届けすることで話題になり、より多くの人にN国党を認知してもらうためである。

 しかし、N国党の存在は既に多くの人に知られている。もっと言えば、彼らが「ならず者たちの集団」であることまで、しっかり知られている。今さら認知を高めたところで、支持率が回復することもなければ、新たな支持者が劇的に増えることもない。

実際、立花孝志のYouTubeのチャンネル登録者数は、2年前の参院選で当選した後に急増したが、かつてないスピードでチャンネル離れが進んでいる。それでも300万円かけて参院補選に立候補してくる理由。それは、ふざけた政見放送をお届けすることで、今もまだ「話題になりたい」のである。彼らのゴールは、議員になることでも、政治家として世の中を良くすることでもない。ただ「目立つ」ことである。

◆注目されるために「ハゲ党」に変更する計画

 常人には理解しがたい奇抜な言動を繰り返すことで、「天才」だと思われたい立花孝志は、現在の「NHK受信料を支払わない方法を教える党」という政党名を、今度は「ハゲ党」に変更すると発表した。

 アメリカ発の音声配信サービス「clubhouse」に似た「ZATSUDAN」というアプリがリリースされたことを記念し、堀江貴文と立花孝志が約20分間の対談を行い、立花孝志が「ハゲ党構想」を繰り広げたのである。

 この新サービス「ZATSUDAN」に参加している人が、堀江貴文や立花孝志のほかに、茂木健一郎、勝間和代、はあちゅう、上杉隆、鴨頭嘉人、箕輪厚介、福永活也という時点で、このプロジェクトの将来をお察しいただきたいものだが、香ばしい人ばかりが集まった新サービスで「ピコーン!」とひらめいてしまったばっかりに、立花孝志が再び暴走を始めようとしているのである。

 立花孝志は「ハゲ」という単語のインパクトを熱心に語り、「ハゲ党」と名付けたら、政党支持率の世論調査などが発表されるたび、自民党や立憲民主党などと並び、「ハゲ党」という名前が出ることになり、「どういうことなんだ?」と耳目を集められるという持論を展開していた。しかし、実際のところは「ハゲ党」という名前が気になっても、「立花孝志がやっている政党」だとわかった瞬間に解散である。表向きは「薄毛で悩んでいる人たちの人権を守る」などと言っているが、実際にやることといえば、せいぜいハゲたオッサンの悩みを、ニート寸前のコールセンターのスタッフが聞くだけだろう。時々、立花孝志がYouTubeで「こんな悩みがあった」と報告する程度である。

 言うまでもないが、薄毛の悩みは「政治的な問題」ではない。「ハゲているだけで出世できない人がいる」などと言っているが、ハゲた部長や課長はたくさんいるし、ハゲた社長もたくさんいる。もし、N国党のコールセンターに「ハゲが理由で出世ができない」と悩みを打ち明けるような奴がいるのだとしたら、そいつが出世できないのは「ハゲ」が原因ではなく、「N国のコールセンターに相談するような奴」だからである。

◆マツコ・デラックスさんの意見は正しかった

 2019年の参院選の直後、MXテレビの「5時に夢中」に出演していたマツコ・デラックスさんが、N国党の議席獲得についてコメントを求められて、「このままではただの気持ち悪い集団」と評価した。普通は、こう言われたら「気持ち悪い集団にならないように頑張ろう」と言って、真面目に政治に取り組むことを誓うものだが、立花孝志は「マツコ・デラックス被害者の会」という法人を立ち上げ、マツコ・デラックスさんを集団で提訴した。

 この裁判は4月15日に東京地裁で判決が下され、立花孝志らの請求は棄却された。つまり、マツコ・デラックスさんには何の非もなかったことが裁判上でも証明されたのだ。つまり、立花孝志らは、何の非もないコメンテーターを今日の今日まで悪者のように扱ってきたのである。

 マツコ・デラックスさんのコメントから約2年。おふざけ政見放送が話題になって国政政党になった今、N国党は何をやっているのか。それは、松本サリン事件が起こった長野県の参院補選に立候補し、その政見放送で「ホーリーネーム」だの「ポア」だのという言葉を用い、長野県民の気持ちを逆撫でして喜んでいるのである。これを「気持ち悪い集団」以外のどんな言葉で表せばいいだろう。まさに、あの時にマツコ・デラックスさんが指摘したことが、そのまんまその通りになっているのである。

 なお、マツコ・デラックスさんを訴えた裁判では、村岡徹也弁護士が「不当判決だ」と言い放ち、立花孝志はメディアの偏向報道に対する抑止力になったと自己評価している。実際は、片っ端から裁判を起こす面倒臭い奴なので、誰にも相手にされなくなり、世間から嫌われ、選挙では「28連敗」という金字塔を打ち立てているのである。まもなく「31連敗」になる。

◆選挙ウォッチャーの分析&考察

 総額900万円以上をかけ、衆参補欠選挙に立候補。迷惑系YouTuberらしい政見放送を繰り広げ、世間からますます嫌われている立花孝志。それでもまだ世間の注目を浴びたいらしく、6月20日に行われる船橋市議補選には複数の候補者を擁立する計画を立てている。

 具体的には、「パチンコ党」や「動物愛護党」など、さまざまな諸派の政党から候補者を擁立し、どの政党が最も人気が高いのかを探り、次回の衆院選では人気の高い政党に看板を架け替え、政党助成金をもらうための条件となる2%以上を目指そうというのである。

 しかし、この姿勢を見てもらえれば分かるように、立花孝志の「一丁目一番地」であるはずのNHK受信料問題は、人気がないと分かれば、あっさり捨てられてしまう。つまり、立花孝志はただのポピュリストであり、人気があるからNHKの受信料問題をやっているだけで、人気がないのなら他のイシューを訴えるだけの話である。

 ただ、どうしてN国党の人気がなくなっているのかと言えば、人々がNHKの受信料問題に関心を持たなくなったのではなく、「立花孝志に関心を持たなくなったから」に他ならない。知性と社会常識が欠如した、うだつの上がらない集団に期待することなんて何一つないだけで、NHKの受信料問題そのものは、今も関心の高いテーマである。要するに、人々の関心が立花孝志から失われているので、これから立花孝志が何をやっても、もう期待されることはない。

 それでも私があえて記事にするのは、この「N国党」という存在が、社会にどれだけ迷惑をかけているのかを知っていただきたいからである。彼らを許せば、また同じような新しい団体が出てきて、社会に迷惑をかけるようになるからだ。

<取材・文/石渡智大>

【石渡智大】

普段は選挙ウォッチャーちだいとして日本中の選挙を追いかけ、取材。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを「チダイズム」にて公開中

関連記事(外部サイト)

×