毎月勤労統計不正問題、NHK日曜討論でも繰り広げられた与党側の論点ずらし

毎月勤労統計不正問題、NHK日曜討論でも繰り広げられた与党側の論点ずらし

NHKの「日曜討論」Webサイト

 今、国会で注目を集めている毎月勤労統計の不正問題。

 2019年2月17日、『NHK日曜討論』ではこの不正問題が冒頭20分を使って各党の議員たちの間で議論された。残念ながら、国会と同様、与党議員を中心に論点ずらしが見られた。具体的には、問題の対象範囲を広げて、重要な論点を曖昧にしようという意図が透けて見えた。

 統計不正問題を追及している法政大学の上西充子教授は、批判の声をツイートした。

”今日の日曜討論でも、野党は、特別監察委員会の委員長を委員長の立場で参考人に呼ぶことを与党が認めないことや、2015年4月に政府にとって都合の悪い賃金の値が出ることについて3月31日に総理秘書官が問題意識を伝えていたことなどを具体的に指摘。しかし岸田政調会長は論点ずらしに終始。10:49 – 2019年2月17日–上西充子 (@mu0283)”

”国会は野党vs政府だけれど、日曜討論は、野党vs与党。ここでも与党は、統計の信頼が崩れたのは問題と総論では問題意識を共有する姿勢を見せつつ、各論になると野党の指摘を全く受け止めずに論点をそらし、これからの対策を語り、今問題として指摘されていることに答えないやりとりばかりだった。10:55 – 2019年2月17日–上西充子 (@mu0283)”

”司会者は、「今の野党の指摘、どう受け止めますか」と自民党と公明党に振って、自民党と公明党がもっともらしく答えて、それでおしまい。 本当は、「4月3日に発表する勤労統計の値について3月31日に事前に総理秘書官に伝える、これは異例のことではないのですか」など、さらに司会が突っ込むべき。10:57 – 2019年2月17日–上西充子 (@mu0283)”

 まず、毎月勤労統計不正の問題で注目すべきは、2018年1月のタイミングで賃金の算出方法が大きく変わったことである。変更が行われた昨年末に発覚したのは、2004年から東京都の500人以上規模の事業所について不正な抽出を行い、それを2018年からは復元を始めたという問題であったが、それに加えて統計手法の変更として、ローテーションサンプリングの導入、遡及改訂の廃止、ベンチマークの更新、そして日雇い労働者の除外、が同時に行われている。

 これらの変更の結果として2018年1月から賃金水準が上振れしたのだが、それが官邸の圧力によるものではないかというのが、今、国会で焦点になっている問題だ。

 これらのポイントは国会パブリックビューイングの街頭上映映像の2分40秒頃から明石順平弁護士(「アベノミクスによろしく」「データが語る日本財政の未来」著者)が解説しているのでご視聴頂きたい。また、官邸の介入疑惑と日雇い労働者の除外の影響については、2月16日時点までの国会審議の状況を同映像で法政大学・上西充子教授が1時間にわたって詳しく解説しているので、そちらでご確認頂きたい。

 これらの前提を踏まえた上で、本記事では自民党・岸田文雄議員、公明党・石田祝稔議員、日本維新の会・浅田均議員の番組中の発言を検証していく。

日本維新の会・浅田均議員の発言
 司会者から統計不正問題について意見を聞かれた浅田議員は「私は一番注目すべきは今回の不正が2004年にね、全数調査を標本調査に変えたと、ここに注目したい」と明言しており、以下のように重要な問題をすり替えている。

(最大の問題である)
2018年の賃金算出方法の変更
↓ すり替え
2004年の全数調査から標本調査への変更

 さらに、その原因として「厚生労働省内の統計の知識を持った人材不足」も挙げており、さらに問題を曖昧にしている。

 このすり替えによって、2018年の賃金水準の上振れがなぜ行ったのかという問題が問われなくなり、官邸の関与から目をそらす結果となっている。

公明党・石田祝稔議員の発言
 同様に司会者から統計不正問題について意見を聞かれた石田祝稔議員は「統計を操作するというのは基本的には私はできないと思いますよ」と発言。その後、「実態より数字が低く出ているので、そしてその低く出た数字に基づいて、雇用、そして労災、こういうものが支払われてきたから、追加支給しないといけないってことですよ。逆に操作して高くなっていればですね、多く払われているわけで追加支給なんてありえないわけで、ここんとこは論点が逆転しているんじゃないかなと」と続けた。

 野党が指摘しているのは2018年からの賃金の上振れが操作されたものではないかという点であるのに、石田議員は2017年までの賃金の値が不正な抽出により低く出ていたことに注目点をそらしている。野党が問題にしている賃金の上振れは2018年以降の問題であるのに、それ以前についても賃金の上振れを野党が問題にしているかのようにあえて誤解した上で、「論点が逆転している」と、あたかも野党が混乱した指摘を行っているかのような印象操作を行っている。

(最大の問題である)「2018年の賃金算出方法の変更により、賃金が上振れ」
↓すり替え
「2017年以前は実態より数字が低く出ていたので、追加支給が必要」

◆自民党 岸田文雄議員

 長妻議員が挙げた首相官邸の2つの圧力(2015年3月の中江秘書官、同年10月の麻生大臣)に対して、見解を述べた岸田議員。

 長妻議員が圧力の説明の際に挙げた「ローテーションサンプリング」の導入と遡及改訂の廃止のうち「ローテーションサンプリング」の導入だけに論点を限定し、さらに2015年以前からの議論の経緯を述べて、問題を曖昧にしている。

 それによって、2015年の官邸および麻生大臣からの圧力から目をそらす結果となっている。

2015年の圧力(3月の中江秘書官、10月の麻生大臣)
↓すり替え
2015年以前のサンプリングの議論

 ここでは代表的な発言を紹介したが、約20分間の議論を通して、真相を徹底解明しようという野党(維新は除く)と、野党側の問題提起を印象操作し、問題を曖昧にして「官邸の圧力という問題」から遠ざけようとする与党(+維新)、そして与党(+維新)側の結論に何も突っ込むことなく、印象操作に加担しているといっても過言ではないほど何もしない司会という構図が改めて浮き彫りになった。

<文・図版・動画作成/犬飼淳 TwitterID/@jun21101016 監修:上西充子:@mu0283>

いぬかいじゅん●サラリーマンとして勤務する傍ら、自身のnoteで政治に関するさまざまな論考を発表。党首討論での安倍首相の答弁を色付きでわかりやすく分析した「信号無視話法」などがSNSで話題に。最近は「赤黄青で国会ウォッチ」と題して、Youtube動画で国会答弁の視覚化に取り組む。
 犬飼淳氏の(note)では数多くの答弁を「信号無視話法」などを駆使して視覚化している。また、同様にYouTubeチャンネル(日本語版/英語版)でも国会答弁の視覚化を行い、全世界に向けて発信している

関連記事(外部サイト)